So-net無料ブログ作成

緊急公演を2本、行います。 [製作総指揮としてのお知らせ。]

 3月11日に発生した東日本大震災当時、『夏への扉』の公演中であり、次回公演「ハーフタイムシアター『水平線の歩き方』+『ヒア・カムズ・ザ・サン』」の先行予約期間中だった、キャラメルボックス。

 『夏への扉』を4ステージ公演中止にし、なおかつその後のステージも地震由来のキャンセルと日時変更を承り続けました。
 震災翌週の平日は稼働率が30%を切る状態で上演し続け、翌週も40%。最後の3日間だけはたくさんのお客さまにご来場いただくことができたのですが、それでもはやり劇団史上最大の赤字となりました。

 そのうえ、震災で止まったハーフタイムシアターの予約も、一般前売が始まってからも大きな伸びは無く、4月11日現在で東京公演の稼働率は35%。この時点でのこの数字も、いまだかつて無い低迷した状態です。

 見た目派手に活動しているかに見えるキャラメルボックスですが、この状態では冬、いや、夏を迎えることすらできない危険性が出てきました。
 
 そこで。
 オトナな考え方ならばなんらかの借金をしてその場をしのいだりするのかもしれませんが、キャラメルボックスは『夏への扉』終了後、二度の緊急劇団総会の結果、「バカみたいに芝居をする」(西川浩幸の言葉)決断をしました。

ハーフタイムシアター二本立ての公演期間中と7月に「緊急公演」を行います。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(1)キャラメルボックス緊急公演Vol.1『賢治島探検記』

 1995年1月の阪神淡路大震災で何人ものサポーターを失った後、キャラメルボックスには被災地に行って上演できる作品が無い、という無力感を覚え、2002年、「路上でも上演できる作品を」というコンセプトで、宮澤賢治さんの作品をオムニバス形式に構成した『賢治島探検記』を発表しました。

 その作品を、なんとかして東北に持って行きたい。そんな想いを込めて、今この危機的状況の中で、ハーフタイムシアターのタイムテーブルの中で空いているところで、『賢治島探検記』を上演します。

 今まで2回上演したケースとは異なり、今回は完全に被災地での路上上演を想定した演出を行います。
 『水平線の歩き方』に8人、『ヒア・カムズ・ザ・サン』に8人、『賢治島探検記』に12人。実に28人の劇団員が、同期間にサンシャイン劇場に集結。
 キャラメルボックスの存続と、その後の東北支援への準備と覚悟を、この公演に賭けます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
(2)キャラメルボックス緊急公演Vol.2『銀河旋律』

 1989年初演、その後1992年、1999年、2002年、と上演してきた「ハーフタイムシアター」の原点であるこの作品を、ほぼ全劇団員が参加してトリプルキャスト+スペシャルキャストで劇団の総力を結集してお届けいたします。
 会場は、無理矢理見つけてきて無理矢理使わせていただく、都内某所。演劇専用の劇場ではないので若干の見づらさはあるかと思いますが、駅から近くてとても綺麗なホールです。
 総出演人数は、これまた28人。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
緊急公演二本の詳細は、今月中に、できる限り早くこのブログや公式ホームページで発表いたします。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
 まず、『水平線の歩き方』と『ヒア・カムズ・ザ・サン』。そして『賢治島探検記』。続いて『銀河旋律』。
 舞台にいないメンバーは、ロビーで皆さんをお迎えします。
 舞台もロビーも、総力戦です。
 
 震災後一カ月。
 大きな余震も起きて、外出が恐ろしい、という方も多いでしょう。
 放射能がどうなっているか、不安でたまらない、という方も多いでしょう。
 ネオンの消えた街が怖い、という方もいらっしゃるでしょう。
 無理はしないで結構です。でも、キャラメルボックスは勝手に、最大限の元気をあなたにお届けする準備を着々と進めています。
 
 是非、あなたの勇気で、キャラメルボックスを救ってください。
 まずは『水平線の歩き方』と『ヒア・カムズ・ザ・サン』のご予約を!!
 PC http://www.caramelbox.com/stage/halftime2011/index.html
 携帯 http://www.caramelbox.com/k/
  
 今、あなたの力が必要です。
 劇場で、全力でお待ちしております。


2011-04-12 00:10  nice!(26)  コメント(8)  トラックバック(3) 
共通テーマ:演劇

nice! 26

コメント 8

edi

了解です!
バカみたいに観に行かせて頂きます☆(* ̄▽ ̄)ノ
by edi (2011-04-12 02:01) 

まなひ

ブログ拝読しました。


いつも憎まれ口を叩いていますが、キャラメルボックスには、私の中の様々な節目に助けて貰っています。


時に震災後『夏への扉』再開は、地震で萎縮していた心を開いて頂きました。


沢山は観られないと思いますが、後ろから一生懸命ついて行きます。


ただ、2公演追加になるので、役者さんや加藤さんを筆頭にした、製作部の方々の身体が心配です。


私は、楽しみますよ!
by まなひ (2011-04-12 02:55) 

たろう

東京公演なので関東に在住してないお客さんにとっては全く関係のない話ですね。その分、少しでも義援金として募金したいと思います
by たろう (2011-04-12 13:11) 

加藤昌史

いえいえ、たろうさん。
ハーフタイムシアター大阪公演の前売状況も、56%で止まっています。なんとか、お知り合いに声がけをお願いいたします。
あと、西の皆さんに参加していただけるネット上の企画も考え中ですっ!!
by 加藤昌史 (2011-04-12 16:59) 

なるちょ

うぅ…、託児が必要なのですが、大阪の託児の回厳しいですよね…。
それ以前に、スケジュール的にも厳しい…。
その分、まずは更新し損ねたサポーターズクラブの更新手続きします!
で、DVD購入かな?
サマー神戸には遠征させていただきたいので、がんばってください!
by なるちょ (2011-04-12 21:18) 

西の者

西の者です。
春公演の少なさはいつものことかもしれませんが、せめて今回、大阪には安心して来ていただきたいので、周りに声掛けはじめました。
最近はすっかり同じメンバーで行くようになってましたが、久し振りに新しいサポーターを増やすぞー!
by 西の者 (2011-04-12 22:13) 

ろこ

仙台市在住です。被災しています。
職場が被害にあい、いつまで続くかわからない自宅待機の日々を送っています。
とてもとても観に伺いたいのに伺えず、いちキャラメルボックスファンとして、被災地の私たちに出来ることはないのかな?と悔しい気持ちです。
とりあえず関東方面の知り合いに声をかけてみますね!頑張ってください。
by ろこ (2011-04-13 04:46) 

hatori

まさかキャラメルボックスがそんな状態になっているとは思っていませんでした。が、演じ続けるための努力をしようというその姿勢をぜひ応援したいです。

「夏への扉」を見に行くため、新幹線のチケットを取った直後に被災しました。
見られなくって非常に悲しくて悔しい思いもしましたが、正直震災直後は街の状態がひどく、観劇どころでは無かったのも確かです。
余震でさらに部屋中が散らかったりもしてますが、ハーフタイムシアターのチケットを先日見つけました。6月には見に行けるといいなあと思っています。
昔、仙台公演を行ったホールも地震により使用出来なくなっています。車内での上演を行った東北新幹線もまだ復旧途中です。今はまだそんな余裕は被災地もキャラメルボックスの皆さんもないと思いますが、この災害を乗り越えたらまた東北でも公演してくれたらなあと思うのです。
とりあえず、緊急公演について情報流してみます。
by hatori (2011-04-14 23:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 
メッセージを送る

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。