So-net無料ブログ作成
検索選択

まだ『流星ワゴン』にご来場になる予定がない皆様へ。 [『流星ワゴン』]

 さて。
 今日のステージを終えると、『流星ワゴン』は残り11ステージになってしまいましたっ!!
 主に、まだ『流星ワゴン』をご覧になっていない方に向けて、今日は書かせていただきます。
 
 毎日朝から午後2時までの間にちょっとずつ修整しながらアップし続けてきている「今日のキャラメルボックスブログ」にちょこちょこニュースを書いておりますので、「あっ、今日行こうかな?」と思ったら、是非ご覧になってみてください。
 http://caramelboxtoday.blog.so-net.ne.jp/
 
 10月に東北応援無料ツアー『賢治島探検記』をやってきて、『飛ぶ教室』が終り、神戸で幕を開けた『流星ワゴン』。
 東京公演が始まってから感じるのは、やはり東京の人たちのライフスタイルが完全には元には戻っていない、ということです。
 例年は、12月に入ると僕らが劇場を出て帰宅する夜22時〜23時代なんて、もう電車はぎゅうぎゅう、池袋の街には忘年会のサラリーマンがいっぱい、という状況だったわけですが、今年は、忘年会っぽい集団を見かけるのは土日ばかり。平日の夜はすいすい街を歩けますし、電車も隣の人と触れ合わない程度の混雑。逆に、18時〜20時くらいの混雑が物凄いのです。
 これはもう、平日はとにかく一刻も早く帰宅する、というふうに変わってしまった、ということなのだと思います。
 大量の帰宅困難者が出た3月11日のことが、いまだにみんなの脳裏に過ぎり、心に大きな傷を作っているのだなぁ、と感じます。
 
 僕らは地震直後から都心に通って芝居をやり続けてきているので、特に地震前と後の街の様子の違いを強く感じます。
 
 サンシャイン劇場に通うのは8月以来ですが、この数ヶ月の間に、よくお世話になっていた飲食店がいくつもなくなりました。飲食業も厳しいとは聞いていたのですが、これほどとは……。
 
 街をよく見ていると、平日夜に宴会をしているのは若い人たち。
 やはり、そんなに長い間じっとしていられなくなったのかな、と思います。
 
 30代、40代で家族を持っている人たちが、早く帰ってしまうのだなぁ、いまだに、と思います。
 しかし。
 家族が大切なのはもちろんですが、それ以上に、その世代の人たちがもっとバリバリに頑張らないとこの不景気と震災で停滞した日本経済は好転しないと思うのです。
 『流星ワゴン』は、特にそういう方々にご覧いただきたい舞台です。
 
 東北から帰ってきて一番強く思ったのは、「さて、次は東京だ」ということでした。
 僕らは、芝居で東京の人たちに元気になってもらいたい。
 初めて出会う東北の人たちの心に届けた熱い風を、今度は東京の人たちに届けなければならない、ということでした。
 
 街が津波に完全に破壊された街で、歯を食いしばって頑張っている人たち。
 原発の事故で頑張りたくても頑張れない人たち。
 今、苦しんでいる人たちがたくさんいるこの国で、最も人口が多い東京。
 その東京がどんよりしていては、東北を助けたくても助けられないと思います。
 
 見えない放射能、いつ来るのかわからない、いつ来てもおかしくない地震。
 いつまでも恐れているのでは無く、きちんと頭で理解して、自分の危機管理は自分で行い、いっしょに暮らしていく。今はそんな時期に来ていると思うのです。
 
 心の中にもやもやしたものを持っていらっしゃる方には、本当に、『流星ワゴン』をご覧いただきたいです。
 一緒に涙を流し、最後の暗転で一緒に拍手をしましょう。
 
 きっと、劇場をあとにする時には、「今自分がすべきこと」が明確に見えているのでは無いかと思います。
 
 そう、今公演では、今までにはなかった現象が起きています。
 ご夫婦やカップルでご来場のお客さまが、かなりの確率で手を繋いで帰られていくのです。
 お子様連れのご夫婦までもが。
 
 つまり。
 そもそも重松清さんの原作『流星ワゴン』は、夫と妻、父と子、という家族の絆の限界状態を描いた作品で、それを、家族ものを上演し続けて26年のキャラメルボックスがやるわけですから、おそらく最強の「家族の絆の物語」になっているのです。
 このお芝居を観た後は、「恥ずかしい」とかではなくて、本当に、彼女の、妻の、手を繋ぎたくなるのです。
 
 そして帰りがけによく言われるのが「今晩、お父さんに電話してみます」という若い方たち。
 
 ただ「一緒にいる」だけが家族を大切にすることじゃないと思います。
 もちろん、ご家族で『流星ワゴン』をご覧くださるのが一番オススメですが、それが難しいのなら、まずはあなたがご覧ください。
 
 ご覧になった方々の感想が気になる方は、Twitterで「流星ワゴン」や「キャラメルボックス」で検索してみてください。


2011-12-16 19:51  nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:演劇

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。