So-net無料ブログ作成
検索選択

阪神・淡路大震災から18年。 [阪神・淡路大震災]

 1995年1月17日、僕たちキャラメルボックスは、盛岡にいました。
 『ブリザード・ミュージック』の北ツアー。
 
 その前日はお酒を飲んでいてかなり遅くに寝たはずなのですが、なぜか6時過ぎに目が覚めました。
 なにげなくテレビをつけると、神戸の方で大きな地震があって、火事になっているらしい、という内容。
 まだ夜が明けておらず、火事が起きているということしかわかりません。
 
 そんなふうに始まった、1990年に関西初公演を神戸で行って以来頻繁に神戸に行っていた僕たちと阪神・淡路大震災との戦いが始まりました。
 詳しいことは、過去の1月17日(前後)の記事に書いてきましたので一覧でどうぞ。
 http://caramelbox-kato.blog.so-net.ne.jp/archive/c2302585846-1
 
 主に東京に住んでいると、阪神・淡路大震災のことは遠い昔のことで、ほとんどニュースにもならないのですっかり復興しているかのように思われるかと思います。実際、新神戸駅で降りて三宮まで出て観光して帰るだけならばなんの問題も無く復興していると言えるのかもしれません。
 しかし、あの震災を経験した人と会い、あの日の話になると、押し黙る人とどっと堰を切ったように話し始める人の二通りいらっしゃいます。
 今でも恐い。いつあの揺れが来るかもしれないと思うと三宮は歩けない。そんな人もいらっしゃいます。
 
 この18年間、毎年神戸に通い続けてきていて、そういう方々のお話をたくさん聴いてきました。
 家がつぶされて家具や家の下敷きになったけれどもなんとか這い出してきて助かった方。たまたまトイレに居て助かったものの、家は全壊した、と言う方。自分の家は大丈夫だったのに、周囲の家が全壊し、地震後数日間は寝ずに近所の人たちを掘り出して助け続けていた、と言う方。
 何年経っても、あの経験はリアルにそこにあります。
 
 そして、2011年3月11日に東日本を襲った大震災。
 今度は僕たちは銀座にいました。
 東京は、直接の被害はそれほど無かったものの、大混乱に陥りました。
 そして北海道から千葉に至る広範囲が津波と地震に襲われ、翌日には長野県にも大地震が起きました。
 
 長く続く大きな余震のなか、僕はテレビを見続けておりました。
 そんななか、神戸の人たちが、そして関西の方々が、東北の支援のために立ち上がるニュースを見ました。
 
 あの阪神淡路大震災があったから、一刻も早く東北を助けたい、と、自らの経験から察して動き始めてくださったのだと思います。
 
 体験した者にしかわからない、巨大地震の恐怖。
 体験したからこそわかる、恐怖からの脱出方法。
 
 あの時にうまくいかなかったことが、今回は機能していることがたくさんあることも知りました。
 
 人間は、学ぶ。経験を積み重ねて、一人でも多くの人を救うために知恵を積み重ねる。
 ただ悲しがっていただけではなく、次に来た時にはどうするか、をきちんと考えてある。
 単純に、人間ってすごいな、と思いました。
 
 僕らエンターテイナーにとって、できることは限られていますが、僕らもできるだけのことはして、継続して思い続けていくくらいのことはできます。
 阪神・淡路大震災の後に何もできなかった経験から生まれた「どこでもできる演劇『賢治島探検記』」。それを2011年10月に東北で上演。しかし、東北応援無料ツアーをやってみて、僕は、まだまだもっとできることがある、と感じました。
 それはまだ、僕の中だけにあり、醸造中といったところ。形になりかかったら、またご報告させていただきます。
 
 少なくとも、阪神・淡路大震災の直後から僕たちは変わらずに神戸に通っています。18年間、ずっと。
 そのことが、少しだけでも、神戸のお客さんたちの力になれている、と、勝手に思っています。
 
 僕らの担当は、モノやお金を持っていくことじゃない。愛する町だからこそ、とにかくそこに行って、そこにいるキャラメルボックスに会いたいと思ってくださっている人たちを励ますこと。元気づけること。明日が楽しみになる勇気を差し上げること。
 
 「これからも神戸に来続けます」というあの日の約束を絶対に忘れないでかたくなに公演し続ける東京の劇団が、一つくらいあってもいいんじゃないか、と思います。
 
 東北での「いつかきっと戻ってきます」という約束を守るために、僕らはまずは、今日やるべきことをやり続けます。
 
 そしていつか、神戸の皆さんといっしょに、東北に行くことを夢見ています。
 
 


2013-01-18 00:01  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:演劇

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 
メッセージを送る

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。