So-net無料ブログ作成
検索選択

娘がインフルエンザでしたっ!! [『ヒトミ』『あなたがここにいればよかったのに』]

 さて。
 先週の木曜日にウチの娘・みうたんが発熱して金曜日にインフルエンザA型と診断され、翌日僕も微熱ながら発熱。検査の結果では、僕はインフルでは無さそう、とのことでした。11月の『ウルトラマリンブルー・クリスマス』の前に予防接種をしてあったので、軽症で済んだのかもしれません。
 が、念には念を入れてみんなの前には出ずに3日間家に籠もり、ついに今日、もう僕が娘からインフルエンザをもらっていたとしても潜伏期間が過ぎたはずなので、公然と出社しました。
 
 とは言っても、ほんとにほんとに万が一を考えてマスクを着用し、稽古場には行かないようにしておこうとは思うのですが。
 
 でも、ほんとに、今かかっておいて良かったと思います。むしろ、演劇の神様が「ほら、初日の前にかかっときな」って手配してくださったのでは無いか、とさえ。
 
 僕は別に本番にいなくてもキャラメルボックスの公演の幕は開くのですが、役者達には代わりはいません。商業演劇なんかだと代役が用意されているという噂も聞きますが、ウチは基本的にキャスティングされた本人がやり通す前提で芝居を創っています。
 過去に、いろんなことで代役が立ったことはありますが、結成以来29年間、1度も役者の欠席による公演中止ということはありません。
 最も緊迫したのは、初期の頃ではありますが、初日の2日前に準主役の女優が倒れた、ということがありましたが、なんと代役が1日でセリフを覚え、1日で動きを覚えて事なきを得た、という事件。その代役に立った女優は、今で言うところの真柴あずき。凄かったですよぉ。
 あと、坂口理恵も、似たような状況で他劇団のヘルプに出たことがありますねぇ。
 
 まぁ、つまり、生身の人間が支えているのが舞台なので、「インフルエンザにさえもかかっちゃいけない」のが舞台俳優。
 僕たち、周囲のスタッフも、その危険性を1%でも減らしてあげる努力をしてあげなければいけません。
 
 しかし、一応そういう気は遣っていますが、ヤツらはほんとにかかりませんねぇ……。これまた、過去にキャラメルボックスの役者がインフルエンザで本番はおろか稽古を休んだ、という話も聞きません。やはり、鍛え上げた身体はインフル程度のウイルスなんて寄せ付けないのかもしれません。
 
 今、ちょうど流行が広まっているインフルエンザ。ほとんどがA型、一部B型も、とのこと。
 そして、大陸の方では鳥インフルエンザ流行の兆しも、というニュースもあります。
 
 みなさんも、手洗い・うがい、マスク着用など、できる限りのことはしてインフルエンザをはねのけてくださいねぇぇぇぇっ!!
 
 『ヒトミ』バレンタイン・スペシャルは、もうすぐですからぁっ!!
 http://www.caramelbox.com/stage/acoustic2014/hitomi_ex.html


2014-01-28 13:36  nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。