So-net無料ブログ作成
検索選択

【演劇の話】アトリエ・ダンカン破産申請、そしてミュージカル『KACHI BUSカチバス』は北海道公演決行!! [製作総指揮としてのお知らせ。]

 今日、演劇界にとって衝撃的なニュースが流れました。
 
 ■アトリエ・ダンカン、破産申請へ
 http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/3877.html
 ※「あの」ダンカンさんとは無関係です。
 
 演劇好きな方なら、「アトリエ・ダンカン」の名前は、いろんなチラシなど、どこかで目にされたことがあるのではないでしょうか。
 80年代には、「SHOW GIRL」などのミュージカル、90年代には僕らもお世話になっていたシアターアプルで定期的に上演されていた「小堺クンのおすましでSHOW」や関根勤さんの「カンコンキンシアター」、木の実ナナさんと池畑慎之介さん主演で大好評を博した、ラッパ屋の鈴木聡さん脚本によるミュージカル「阿OKUNI国」などを制作された、演劇制作の世界では大先輩というよりも巨人のような存在の会社です。 
 http://www.duncan.co.jp/web/index.html
 「劇団」ではないものの、所属タレントを抱えていらっしゃったので、レギュラーメンバーで年間たくさんの舞台を上演していたところは、「劇団」と似ていたかもしれません。
 
 年間の公演規模は、おそらくキャラメルボックスの10倍ぐらい。「赤字続きで」と記事に書かれていましたが、きっと、僕たちの赤字とは比べものにならないものだったのではないかと推測します。
 もちろん僕たちも、リーマンショック後に震災も続いて、赤字続きどころじゃないままなんとかかんとかやっている状態なので、全くひとごとじゃないわけですが、サポーターのみなさんや、応援してくださる企業のみなさんのおかげでなんとかかんとか今日があります。
 
 ……と、平気でブログに書けるだけ、僕はまだいいのかもしれません。
 
 おそらく、アトリエ・ダンカンの池田社長には業界トップの意地があったでしょうから、僕みたいに弱音を吐く相手もいらっしゃらなかったのかもしれません。お客さんに「助けてください」ってお願いするくらいなら破産してしまえ、というような感じだったのかもしれません。全ては想像ですが。
  
 さて、そんな凄い会社が破産申請、というだけでも目の前が真っ白になるくらいショックだったのですが、調べていたら、なんと札幌公演でいろいろお世話になったTEAM NACSの森崎博之さんが主演で、キャラメルボックスの元劇団員である近江谷太朗が出演しているミュージカル『KACHI BUSカチバス』が、1月の東京公演が終わって2月の北海道公演がこれから、というところだったわけですが、それがなんとダンカン主催……!!
 http://www.duncan.co.jp/web/stage/kachibus/
 
 「倒産」ではなくて「破産」ですから、おそらく1月公演分の出演料は支払われず、2月の公演も中止になるんだろうなぁ、こりゃ大変なことになった、と思っていたところで、「北海道公演は開催」というニュースが流れてきました。
 
 なんと、札幌と帯広の公演に共同主催で名前を連ねていた原作者の吉田理宏さんの会社「WAYOUTカンパニー」がメイン主催、「制作協力」で入っていた森崎さん所属のオフィスキューが新たに「お問合せ先」(つまり、制作主体)として、公演の決行を決めた、というのです。
 想像に過ぎませんが、この2社は、東京公演の分の様々な損害をまるごとかぶっているはず。そして、北海道公演に関してもかなり大変なことになっているはず。なのに、そういうことを全部背負って続行させる、というのです。
 ……これは物凄いことです。
 
 特に、帯広公演に関してはそもそもチケットが売れていなくて大変だった、と森崎さんは自分の日記でも書いていらっしゃいましたから、やっても、やっただけ赤字を背負うことになりかねないわけです。
 http://www.office-cue.com/monikki/contents_view.php?id=1458
 
 が、WAYOUTカンパニーの吉田さんのFacebookページ( https://www.facebook.com/wayoutcompany )には、「北海道の企業を題材に、北海道出身の役者さんが多数出演する「道産子ミュージカル」として地元メディアでもたくさん取り上げていただき、札幌公演のticketはすでに完売という状況の中で、北海道での公演をキャンセルするわけにはまいりません」と記されていました。
 この文章だけで、ここまでいろんなことがあったであろうこと、これから背負って行くであろういろんなことを想像し、そのご苦労を察してしまい、なおかつWAYOUTの吉田さんとオフィスキューの鈴井さんの熱い思いも伝わってきて、僕は胸が熱くなりました。
 
 さぁ、帯広の皆さんっ!!
 北海道帯広三条高等学校出身の近江谷太朗が、2月14日と15日、ふるさと帯広の帯広市民文化ホールに錦を飾りますっ!!

 こんな逆境の中、キャラメルボックスで13年、その後「特命係長・只野仁」の野村課長役など映像の世界で大活躍してきた近江谷太朗が、帯広に向かうんですっ!!
 
 十勝のバス会社が舞台の、事実に基づくフィクション、だそうです。是非、行ってあげてください。
 
 お問合せは、上記の公演ホームページの連絡先ではなく、
 オフィスキュー 011-219-0939 (平日10-17時)
 です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
追記 2014/02/04
近江谷太朗が自分のブログで覚悟を述べています。是非!!
http://ameblo.jp/oumiya/entry-11764296429.html
 
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
 ……ちなみに、「キャラメルボックス2014バレンタインスペシャル『ヒトミ』 in EX THEATER ROPPONGI」も、2月13日と14日、こちらは六本木。平日にもほどがある、ってくらいお席がありますので……是非……!!
 http://www.caramelbox.com/stage/acoustic2014/hitomi_ex.html


2014-02-04 09:08  nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 6

コメント 2

ひろし

東京までキャラメルを見に行けないけど、近江谷太朗さんを見たいため、2日間のチケットを買っていましたが、中止にならずに一応一安心です。
近江谷太朗さんの初凱旋公演に微力ですが、盛り上げますよ!
by ひろし (2014-02-04 13:31) 

猫のお母さん

昨日札幌のラジオに森崎さんが
宣伝で出演していました。
文字通り帯広で朝から晩まで
手売りしているそうです。

千秋楽はおかげさまで完売、
前日分はあと一歩までとか。

2月14日、15日は日本で一番
熱くなりそすです。

埼玉から見に来る人は、無事に
帯広までたどり着けるのかな?
by 猫のお母さん (2014-02-10 21:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。