So-net無料ブログ作成
検索選択

この物語に登場してくる人物のどれか一人に、きっとあなたがいます。 [『容疑者Xの献身』2012]

 昨日、『容疑者Xの献身』の2回目の通し稽古を観てきました。
 実は2日前に1回目の通しがあったのですが、あろうことか僕が風邪を引いてしまって行かれず、それは記録映像で見ただけでした。
 
 1回目の通しも、すでに完成の領域。なんと言っても初演に出ているメンバーがほとんど、というのが、『トリツカレ男』同様安定感を持たせてくれます。
 
 そして、2回目。
 『容疑者Xの献身』は鉄骨を組んだセットが廻り舞台(演劇用語で「盆」)の上に乗り、それを縦横無尽に動かしながら展開していく演出だけに、それができる稽古場を借りて実際に回しながら稽古をしています。
 その通し。
 
 『トリツカレ男』と比べると年齢層が高い俳優陣、そしてゲストが3人。緊張感に溢れています。
 
 通しが始まり、主人公・石神を演じる近江谷太朗が出てくると、もうそれだけで涙が溢れそう。あ、これは僕の思い入れの問題なのですけど。小劇場時代のキャラメルボックスをともに戦った戦友のような存在の近江谷太朗が、一旦退団して、そして『サンタクロースが歌ってくれた』で上川とともに戻ってきてくれて。もっとも、『サンタ〜』はもう「夢」だったような気さえしていたのですが、今、こうして目の前に、新たな役を演じる近江谷がいる、ということ。
 しかも、「古巣」の劇団の、主役。その役をやる近江谷も凄いですが、退団した元劇団員を堂々と主役に起用する成井豊も凄いなぁ、と。
 本当に、長いこと劇団をやってくるとこんなにも素敵なことが起きるんだなぁ、と感慨にふけってしまいます。
 
 しかも、対峙するのは近江谷の直属の後輩・岡田達也。
 近江谷が退団した後は、西川とともに劇団を支えてきた俳優。
 外で様々な経験を経て大人の俳優になった近江谷と劇団を背負ってきた達也が、「先輩後輩」ではなく、「俳優同士」で向き合っている姿。これは圧巻です。
 
 そして、西牟田さん。
 3年ぶりの舞台。しかし、小劇場から商業演劇まで幅広い活躍をされてきた西牟田さん。経歴は別にして、やはりこの役は西牟田さん以外にはないのではないでしょうか。一瞬たりとも隙が無い、全ての動き、全ての視線、全ての仕草に目を奪われ、その声に耳をそばだててしまいます。
 
 近江谷、西牟田さん、実川貴美子、石原善暢、そして三浦剛の人間関係が一つの軸。
 もう一つが、川原和久さん、小林正寛さん、筒井俊作のトリオの警察チームと、岡田達也。
 そして坂口理恵、前田綾と西牟田さん、という弁当屋さんチームを忘れてはなりません。

 オープニングで、出演者全員が並ぶところがあるのですが、ただ並んでいるだけなのに「ぞわぞわっ!!」としてしまいます。
 
 そこからは、緊張感溢れるドラマが続くのですが、そこはやはりキャラメルボックスの芝居。
 警察チームと弁当屋チームは、隙あらばしょーもないことを仕掛けてきます。これが、初演よりはるかにバージョンアップっ。
 川原さんってこんな人だったっけっ?!と目を疑うような面白さ。
 そして、坂口と前田と石原は何役もやるんですが、これがまた卑怯すぎる面白さ。
 
 あと、普段のキャラメルボックスを見慣れている方でも見たことが無い光景が。
 ゲストの小林さんの身長は191センチ。つまり、なんと、キャラメルボックスで最もデカイ男・三浦剛や長いオンナ・前田綾が見下ろされてしまうのですっ!!なおかつ、あの巨漢・筒井がちっちゃく見えてしまうのですっ!!
 いやー、これは新鮮です。
 
 何度も何度も舞台が回転し、物語が進んで行く間、何度か訪れる達也と近江谷の二人きりのシーン。
 本来なら本当のことを語り合いたいであろうかつての親友同士なのに、絶対に心を許せない緊迫したやりとり。これが、まず胸を打ちます。
 
 そして、次第に解き明かされていく近江谷演じる石神の、知的な狂気。そしてそれを演じる近江谷の完璧な役作り。
 
 クライマックス寸前では、映画『容疑者Xの献身』では描かれなかった、いや、おそらくあえて描かなかったであろうエピソードが語られた後、過去の事件前のことが淡々と語られる後ろで行われているサイレントの芝居では、あまりにも残酷な描写が、このうえもなく美しく描かれていきます。
 
 人それぞれ、共感したり感銘したりところは違うと思います。
 が、少なくとも、この物語に登場してくる人物のどれか一人に、きっとあなたがいます。
 そしてその人物から目が離せなくなり、瞬きする間に大切なことを見逃してしまいそうな想いで舞台を凝視し続け、必ずどこかのタイミングで感情が決壊する時が来ることと思います。
 
 通し稽古のタイムは、2時間15分。
 しかし、それは一瞬です。
 通常の公演でしたら、「上演時間は2時間以内」という枠を厳格に守っているキャラメルボックスですが、今回はこれ以上削れるところがない2時間15分です。飽きっぽい上に腰が悪いこの僕が、稽古場のパイプ椅子での2時間15分があっという間でした。
 おそらく、削らずに初日に向かうと思います。
 
 5月12日(土)にサンシャイン劇場で初日を開けます。
 できるだけ早く観にいらしてください。
 なぜならば、必ず「もう一度観たい」という衝動に駆られるからです。
 
 劇場でお待ちしております。


2012-05-06 23:17  nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

今までこの世に無かった音楽を産みだした、『無伴奏ソナタ』のレコーディングでした。 [『無伴奏ソナタ』]

 明後日『容疑者Xの献身』の初日を迎える、という状況下で、昨日は『無伴奏ソナタ』の劇中で使用する楽曲たちのレコーディングでした。
 
 『無伴奏ソナタ』は、生まれたときから音楽の才能を持った天才が主人公。
 この世の中に今まで存在したことがなかった音楽を生み出す、という設定なので、当初は「逆に一切音楽を使わない芝居にしよう」と成井豊が言っていたくらいです。
 
 が、「やはり、音楽が必要だ」ということになり、その音楽の天才が創った曲をどうするか、ということになりました。
 
 そこで僕の頭の中に浮かんだのがSIBERIAN NEWSPAPER
 http://www.siberian-newspaper.com/
 
 『飛ぶ教室』と『トリツカレ男』で使わせていただいたことがキッカケで直接お目にかかったりしていたのですが、このバンドは非常にユニーク
 アルバムは2枚出されているのですが、ジャズ、ロック、ニューエイジ、など、並べてみてもどんな「ジャンル」にも当てはまらない音楽をやっている人たちで。
 メンバーの方も「僕ら、ジャズのフェスとかに呼ばれても浮くし、ロックのフェスでもそうだし」なんて笑いながらおっしゃってまして。
 
 実際、今まで27年間成井豊作品の選曲をしてきた僕ですが、「ダレそれみたいなサウンド」と喩えようがないのです。
 ヴァイオリンが目立つのですが、そのヴァイオリンが、今まで知るヴァイオリンという楽器の表現方法ではない、歌っているかのような、叫んでいるかのような、ヴァイオリンに対して付ける形容詞ではない、「汗が飛び散るような、それでいて心の琴線をひっかくような」演奏なのです。
 それはバンド全体のサウンドや創るメロディーもそうで。「なんでこんなメロディーが産まれたんだろう?!」とギョッとするような展開をひょいひょい出してくる人たちで。
 
 そうだ、SIBERIAN NEWSPAPERなら、今までこの世の中に無かった音楽を産みだしてくれる、と、この無理難題を提案してみたのです。
 
 すると、最初の打ち合わせで、メンバーの土屋雄作さん(Violin)、藤田"軍司"一宏さん(Piano)、真鍋貴之さん(Guitar)は僕らの話をじっくり聞いていくうちにだんだんニヤニヤし始めて、「やりますわ。面白そうですねぇ」と前のめりに挑戦を決意してくださいました。
 
 そして、劇中に出てくる「この世に存在しない"楽器"」をどうするか、という話になり、土屋さんからとんでもないアイディアが飛び出しました。
 それは、当然シンセサイザーでどうこうする、ということではありません。
 当然、この世に存在しない楽器は存在しないので、この世に存在していることがほぼ知られていない"楽器"を提案してくれたのです。
 
 キャラメルボックスがオリジナル曲を作り始めて15年以上になりますが、僕自身もその"楽器"を演奏しているところを目の前で見たのは初めて。レコーディングスタジオのエンジニアの人も「初めて録りますよぉ」と驚嘆していたほど。日本で、プロとしてその"楽器"を演奏できる人は数人、とのこと。
 
 この種明かしは、初日が開いてからか、公演が終了してからか、どのタイミングで発表するかはまだ決めていませんが、まずは東京グローブ座で聴いていただきたい、と思います。謎のまま、というのも面白いかもしれませんねぇ……(←いじめっこかっ?!)。
 
 キャラメルボックスとして初めてのことに挑戦するのももちろんですが、SIBERIAN NEWSPAPERの皆さんも初めてのことにたくさん挑戦してくださっています。SIBERIAN NEWSPAPERをご存知の方も驚嘆するような仕掛けが、劇中に散りばめられております。もちろん、それを舞台上で生身で表現する役者達の負担は、僕からしても想像を絶するほどのものです。
 おそらく、今まで俳優として使ったことがない脳の部分を使わなければ太刀打ちできないことを、成井豊はやらせようとしています。
 
 SIBERIAN NEWSPAPERの皆さんの全面的な御協力により、そしてまた、『無伴奏ソナタ』メンバーとのコラボレーションにより、そしてまたレコーディング・スタッフの皆さんの並々ならぬテクニックと作業量により実現する、今までに無いキャラメルボックスの舞台『無伴奏ソナタ』。
 
 まずは『容疑者Xの献身』で涙を絞ってから、その涙を拭ったハンカチを選択して乾かした後に再び持って東京グローブ座にお越しください。
 このエンディングが演じられる空間にともに存在できたことの喜びを、早く一緒に感じたいですっ!!

IMG_0951.jpg
土屋雄作さん(Violin)とっ。

IMG_0953.jpg
真鍋貴之さん(Guitar)とっ!!

IMG_0952.jpg
藤田"軍司"一宏さん(Piano)とっ!!

楽しくて、しかも濃厚な16時間に及ぶレコーディングでしたっ!!


2012-05-10 23:26  nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『容疑者Xの献身』初日前日、巨大地震から1年と2カ月の日に思ったこと。 [東日本大震災]

 24時をまわってしまいましたが、あの巨大地震から1年と2カ月が過ぎました。
 
 強力な低気圧の雨で仮設住宅が土砂崩れ、とか、茨城県や福島県に竜巻、とか、もう、胸をえぐられるような気持ちでニュースを見ていました。

 そして、今もちょうど千葉県沖震源の最大震度3の地震が発生しましたが、この規模の地震が東日本のどこかで毎日のように起きています。
 岩手や宮城沖も多いですが、僕の観察では茨城と千葉が非常に多く揺れていますよね、ほぼ毎日。

 ……ほぼ毎日地震がある日々。
 その毎回、津波発生を疑い続けなければならない沿岸の皆さん。

 今でもiPhoneの「ゆれくる」の設定を「池袋で震度1」にし、GoogleChromeの「緊急地震速報 by Extension」の設定を「3」にしている僕は、地震が発生するごとに皆さんのことを思っています。心の中で応援しています。
 東京で、地震の専門家じゃなくてもそんな人がいます。絶対に忘れたりしていませんので、揺れたら「あ、加藤が反応してるかな?」と思いだしていただけたらと思います(←なんでやねんっ?!)。
 
 よく、「関西とかに引っ越せばいいのに」なんておっしゃる方がいらっしゃいます。
 しかし、自分が住んでいるところが同じ状況に置かれたとしても、僕はきっと引っ越そうとは考えないと思うのです。
 なぜなら、自分が住む町が好きだから。そして、この国に住んでいる限りどこでも僕ら東日本の人間が置かれている状況になる可能性を持っているわけですから。
 
 僕は、地震を抑えることはできないけど、地震と付き合っていくことはできるぞ、ということをこの1年で学び、去年の今頃のような「毎秒張り詰め続ける」のではなく「要所要所で張り詰める」ことを身体が覚えたように思います。
 
 かつては地震速報が来るとその警報音に過敏に反応して100%で警戒していたのですが、今ではきちんとその警報の震度とマグニチュードをしっかり確認してからどの程度の警戒をするかを判断できる余裕ができてしまいました。
 僕でさえこんなですから、千葉や茨城の皆さんはもっとスムーズに対応できているのではないかな、と良い方に考えたりしております。
 
 で。
 
 それよりもなによりも、原発事故の後のこと。
 国も頑張ってはいるのだとは思いますが、どうも、頑張りどころが違うような気がしてなりません。
 僕らが手を出せることでは無いのでただひたすら、しっかり福島を見つめて欲しい、としか言いようがありません。
 
 そして、がれきのこと。
 おそらく、関東以西でがれきを受け入れることに反対している人というのは、本当に一部の過敏な方や勉強していない方なのだと思うのです。放射能の影響があるがれきは一部なわけで、それはネットでもなんでも資料を見れば放射能が飛んでいない場所の方が東日本沿岸では多いわけですから、まずはそういうところのがれきから全国で手分けして処理していかなければ新しい街づくりなんかできるわけがないのであって。
 
 日本中で、みんなが今一歩優しくなって、今一歩勉強して、東北を救うためにまだまだ行動しなければなりません。
 この40数年で初めて原発で発電した電気がなくなる夏を迎えます。
 いい機会です。
 特に関東の人たちは、今までたくさんの電気を作って送ってくださっていた福島の方々に思いをはせ、どうしたら自分たちの町で東北のがれきを受け入れられるかを考えてみませんか?
 
 ◇          ◇          ◇
 
 明日の夜は、『容疑者Xの献身』サンシャイン劇場公演の初日です。
 グレードアップして、より原作のテイストに近づいた再演。
 耐震強度は万全の上にも万全の、周辺住民の皆さんの避難場所にも指定されているサンシャインシティで、安心して舞台をご覧ください。
 何かあれば、僕たちが全力でお守りいたします。


2012-05-12 00:31  nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

昨日土曜日、東野圭吾さん原作『容疑者Xの献身』2012年版の舞台の幕が開きました。絶対に観に来てください。 [『容疑者Xの献身』2012]

 昨日土曜日の19:00、東野圭吾さん原作『容疑者Xの献身』2012年版の舞台の幕が開きました。
 
 初演の時に上演時間短縮のためにカットしていた原作のセリフをあえて復活。
 セットも、それに合わせて変更。
 キャストも、お弁当屋のおかみさん小代子(他数役)が坂口理恵、警視庁捜査一課の草薙刑事が青年座の小林正寛さん、そして主人公である湯川学の学生時代の友人で天才数学者の石神哲哉に、元劇団員の近江谷太朗、と変更になりました。
 
 この変更が、果たして吉と出るか凶と出るか。
 それは観た人にしかわからない、というわけで、東京サンシャイン劇場で幕を開けた初日には、様々な意味でドキドキを抱えたお客さんたちが集まってくださいました。
 
 「ガリレオ」こと湯川マナブ役の岡田達也、ヒロイン・花岡靖子の西牟田恵さん、警視庁捜査一課の間宮警部の川原和久さん、同じく刑事の岸谷由紀夫の筒井俊作、靖子の娘・美里の実川貴美子、靖子に思いを寄せる印刷会社社長・工藤邦明の三浦剛、靖子の前夫・富樫慎二(他数役)の石原善暢、弁当屋の元気な娘・金子芹香(他数役)の前田綾の8人は、初演と同じ役。
 この8人が、3年間の役者としての成長をそのまま反映させ、新参加の3人を盛り立てる、というというカンパニー。
 
 初日の上演中、かなり早い段階から鼻をすする音が。クライマックスでは、客席中から。
 うわ、かなり泣いてくださってるお客さんがいらっしゃる……。
 
 ラストシーンが終わり、暗転になると静まりかえる客席。
 ……しまった……暗転で拍手が来ない……ダメだったか……。
 ……と思った矢先、明かりが点くと万雷の拍手。むむぅ、これはどう判断したらいいんだろう?
 最初のカーテンコールは、近江谷が「本日はどうもありがとうございました」と一言。
 アンコールの拍手でみんなが出てきて、三浦剛がゲストの紹介と初日特典の案内などを担当。そして退場。
 すると、まだ拍手は止まず、もう一度出てきて近江谷が一歩前に出て三方礼。そして退場。
 が、拍手は止まず、またまた出てきて、今度は近江谷が一歩前に出て、ご挨拶……と思ったら、万雷の拍手が数段高まりました。うわわわわ、なんだこりゃっ?!2時間10分を演じきった近江谷への称賛と「お帰りなさい」という意味でしょうか?!おさまったところで、近江谷がご挨拶。しどろもどろ。出しきった、ということが普通に見ていてもわかる挨拶。ギャグは無し。そして、退場。
 ……と、いくらなんでもこれで終わりだろう、とロビーに戻ろうとしたら、全く衰えない拍手の音。
 ……ななななななに?どどどどどどどどどどうしたの?!
 おろおろしながら出てくる、出演者たち。川原さんなんか、上着を半分脱いだまま出てくる、というネタ付き。
 岡田達也が一歩出て、ご挨拶。当然、もう言うことはありませんから、これまたしどろもどろにお礼のご挨拶をして、退場。
 
 千秋楽などではたまにあるくらいの「5回目カーテンコール」。それが初日からとは!!
 
 ◇          ◇          ◇
 
 終演後、ロビーにいた僕に話しかけてくれたお客さんたちは口々に「もう1回は来ます」とおっしゃっていらっしゃいました。
 中には「近江谷さんが……」と言ったまま言葉に詰まり、深呼吸してから「近江谷さん、って口にしただけで涙が……」と、感想にならない、しかしとても素敵な感想をおっしゃってくださった方もいらっしゃいました。
 20年近くご覧くださっている御夫婦の旦那さんは、「近江谷さんがこんなに凄い役者さんだったとは……。石原さんが自由になっていたのにも驚きましたが、小林さんの存在が、すごく幅を拡げていましたねぇ」とも。
 25年以上ご覧いただいているお客さんは、にっこり笑って手を振りながら「また来週っ!!」と。この方、気に入ると何度も当日券でいらっしゃる方でして。
 
 他に、ご覧になってくださった方のいろんな意見を読んでみたい方は、Twitterで「キャラメルボックス」と検索してみてください。山のようにたくさんの感想を読むことができますよっ!!
 
 ◇          ◇          ◇
 
 初演からたった3年しか間が開いていないこともあり、「前回観たからとりあえず今回はパスかな」という方もいらっしゃるかもしれません。
 が、それは残念ながら違うようです。
 同名の作品であり、同名の原作から創られた芝居ではありますが、カンパニーが違うと芝居も変わります。

 特に、進化した初演メンバーがどっしりと支えた上での、キャラメルボックス初期10数年を支え、2002年に退団後、多数の映像作品や舞台をやり続けてながらキャラメルボックスの舞台は必ず観に来てくれていた、近江谷太朗の石神。そして東野圭吾作品を昔からこよなく愛し続けてきた近江谷太朗の、石神。
 
 これは、絶対に観ておいてください。

 2009年の初演は神戸で初日が開いてから突然前売りが伸びてその後の東京公演が完売、急遽2ステージも追加公演。今回はまだまだ平日に余裕があります。早めのご来場、ご予約を!! http://www.caramelbox.com/

 ◇          ◇          ◇

IMG_0968.jpg
初日乾杯に、サンシャイン劇場さんからの差し入れ。
サンシャインシティアルパ3階の「築地玉寿司」さん特製、
「Xちらし寿司」を持つ近江谷太朗と岡田達也!!写り込む西牟田恵さん。
ネギトロで「X」とど真ん中に描かれ、
周りを穴子が囲んでいますっ!!

サンシャイン劇場さん、築地玉寿司さん、ありかとうございましたっ!!

■築地玉寿司 池袋サンシャイン店■
http://www.sunshinecity.co.jp/sunshine/tn/detail/detail_t0012.html


2012-05-13 23:27  nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『無伴奏ソナタ』に畑中智行参加決定っ!!昨日、通し稽古でしたっ!! [『無伴奏ソナタ』]

 5月25日(金)に東京グローブ座で幕を開ける「キャラメルボックス・アーリータイムスVol.1『無伴奏ソナタ』」ですが、小笠原利弥に代わり、なんと客演の舞台が終わったばかりの畑中智行が出演することになりました。
 
 畑中は客演の舞台の千秋楽翌日から稽古場に参戦。
 
 実は昨日の通し稽古も畑中でやったのですが、参加4日めでなんとすでに台詞も動きも全部入っている状態。凄すぎる……。
 
 去年も年間予定には無く、急遽入った緊急公演2本と東北公演に召集された畑中。もう、これで「緊急男」の呼び名が決りましたね。
 それだけ成井さんの信望が厚いということなのでしょう。
 
 小笠原がやっていた頃の稽古は見ていないのですが、畑中がやっているのを見て、こりゃあヤツには荷が重かっただろうな、という感じでした。つまり、小笠原も期待されていてこの役をキャスティングされた、というわけですね。
 
 今回は本人の都合とは言え、こういう直前の配役変更は久しぶりです。過去の件については本人たちの名誉のためにあえてほじくり返しませんが、今もちゃんとやっていますので、小笠原にもこれからの人生は気を取り直して頑張って欲しいものです。
 
 さぁ、畑中参戦で俄然ヒートアップした『無伴奏ソナタ』の第一回通し稽古。
 普段の公演ではやらないようなことが満載。特に見どころは音楽の採り入れ方。今まで数々のオリジナル曲を生みだしてきたキャラメルボックスですが、今回はまさに「音楽」が最も重要なキーワード。実際のミュージシャンでは無い舞台俳優たちが、いかに「音楽を演じる」か。そこに、今までの長い経験が活かされています。
 SIBERIAN NEWSPAPERというバンドの皆さんの全面的な協力により実現した魔法のような舞台。
 
 通し稽古を観終わって感じたのは、「なんというピュアな舞台だろう」ということでした。
 ここまで純粋に音楽に向かい、人生に向かっている人たちばかりが出てきていいのでしょうか。
 よく、キャラメルボックスには悪人が出てこない、そこが問題だ、と言われるのですが、僕は全くそうは思っていなくて、悪人は現実の世界にたくさんいるんだから舞台を観ているときくらいそんな汚いものは見たくない、と思います。そしてこの『無伴奏ソナタ』は、まさにそんな世界。
 真っ直ぐ生きているからこそ、辛い選択をしなければならなくなる瞬間。しかしその選択は許されない、と判断して断罪しなければならない立場の人。
 
 「こんな夢のようなことはあるはずがない」と思うか「もしかしたらこんなこともあるかもしれない、いや、あったらいいな」と思うか。
 
 そういう意味では、『容疑者Xの献身』を上演している劇団の原点が『無伴奏ソナタ』なんだ、ということが、『無伴奏ソナタ』をご覧いただくとものすごくわかるんじゃないかと思います。

 あ、関西では『無伴奏ソナタ』が先なので、いい順番でご覧いただけますねっ!!

 では,当面はサンシャイン劇場でお待ちしておりますっ!!

 ■『容疑者Xの献身』『無伴奏ソナタ』の詳細は、キャラメルボックス公式ホームページにて
  http://www.caramelbox.com/


2012-05-18 18:33  nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

メッセージを送る

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。