So-net無料ブログ作成

2013年度キャラメルボックス劇団員オーディションの合格者を発表いたしますっ!! [製作総指揮としてのお知らせ。]

 お待たせいたしましたっ!!
 ようやく本人たちから確認の連絡がありましたので、2013年度のキャラメルボックス劇団員オーディションの合格者を発表いたしますっ!!(五十音順)

木村玲衣(きむら・れい)
1993年12月27日生 19歳 埼玉県川越市出身

河野顕斗(こうの・けんと) 
1990年10月23日生 22歳 京都府亀岡市出身

関根翔太(せきね・しょうた) 
1991年2月19日生 21歳 埼玉県草加市出身

 木村さんと関根くんは、「キャラメルボックス俳優教室」出身なので、卒業公演でご覧くださった方もいらっしゃるかも。
 河野くんは関西の某有名大学で活動中の高身長のイケメンっ!!
 
 去年は写真入りで発表したのですが、直後にやめちゃった方がいらっしゃったので、今回は写真はもうちょっと落ちついてからにしてみようかと思います……。
 
 でも、3人とも、オーディションで見てきた感じだとやる気満々で、ハートはホットだけどクールな視点を持った人たちだな、という印象でした。
 早ければハーフタイムシアターのロビーで皆さんにお目にかかることになるかと思いますので、その際は是非名札を確認して声をかけてあげてくださいねっ!!
 
 僕も、オーディションの後はまだ会っていないので、次に会うのが楽しみですっ!!
 


2013-02-06 14:24  nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「2013お年玉セール」の商品は、今週中にお届けするべくイナノとタカコが梱包中ですっ!! [製作総指揮としてのお知らせ。]

otoshidama.jpg

 「2013お年玉セール」にお申し込みくださった皆様、お待たせいたしましたっ!!
 
 無事に新作DVDがキャラメルボックス事務所に届きまして、今、まさに、梱包・発送作業が行われているところですっ!!

 今日は、稲野杏那と林貴子が手伝ってくれて、着々とキャラメルボックス・オリジナルダンボールに詰められておりました。
 
 さぁて、あなたのおうちに届くのは、荒ぶる神戸娘・イナノの梱包か、奈良の爆笑娘・タカちゃんの梱包かっ?!どっちがいいですかっ?!(←選べませんがっ!!)
 
 全員分を今週中にお届けするべく、頑張っておりますので、お楽しみにぃぃぃーーーーん!!


2013-02-06 15:10  nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

5月11日初日のスプリングツアーの詳細、昨日発表!!東野圭吾さんのベストセラー小説『ナミヤ雑貨店の奇蹟』舞台化!! [『ナミヤ雑貨店の奇蹟』]

 昨日12時に、ハーフタイムシアターの次のスプリングツアーの詳細が発表になりました。
 「〜になりました」とひとごとのように書いてますが、当然のように随分前から決まっていて、僕は昨日まで言いたくて言いたくてたまらなかったのですが必死でガマンしてこの日を待っていたのでしたっ!!
 
 昨年出版された、東野圭吾さんのベストセラー小説『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の舞台化。
 http://www.caramelbox.com/stage/namiya/
 
 「東野さんがタイムトラベルものを書いたなら、うちが芝居にしなきゃ」と成井豊が語る通り、『容疑者Xの献身』をやらせていただいたウチが、というよりも、タイムスリップものならウチがやらずにどこがやる、というわけです。
 
 「『ナミヤ雑貨店の奇蹟』 特設サイト」の東野さんのエッセイ( http://www.kadokawa.co.jp/namiya/essay.php )をお読みいただくと、いきなり「タイムスリップを使った物語が好きです。小説でいえばハインラインの名作『夏への扉』、映画では何といっても『バック・トゥ・ザ・フューチャー』です」と書かれておりまして。これを読んだ時、「はいはいはーーーーいっ!!『夏への扉』、ウチでやりましたぁぁっ!!」と叫びたくなってしまいました。
 
 今日あたりにサポーターズ・クラブの方のところに届いているはずの「ハテナ気象台」にあるのですが、この『ナミヤ雑貨店の奇蹟』のアイディアに近いものを成井も持っていて、どういうふうに脚本にしようかと考えてたらこの小説が出ちゃって、これが最高の解答だと思ったので芝居にさせていただくことにした、とのこと。
 
 前売り開始は、東京公演が3月17日(日)、神戸公演が4月7日(日)。
 東京公演では、制作的にも長年サンシャイン劇場でやってきて初めての試みを行うことにしていますが、その件に関してはまた別な機会にっ!!
 
 なにしろまだまたハーフタイムシアター『隠し剣鬼ノ爪』と『盲目剣谺(こだま)返し』の初日さえ来ておりませんのでっ!!
 http://www.caramelbox.com/stage/halftime2013/

 ◇          ◇          ◇

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』チラシ表

namiya_omote.jpg


チラシ裏
namiya_ura.jpg


2013-02-06 15:54  nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

公演が始まってみてあらためて実感する「ハーフタイムシアター」という上演形態のすごさ!!そして新人・木村のご紹介。 [『隠し剣鬼ノ爪』『盲目剣谺(こだま)返し』]

 先日、「「ハーフタイムシアター」って何っ?!〜初期チラシ裏から探る「キャラメルボックスのハーフタイムシアター」の魅力!!〜」というながーいタイトルのながーい記事を書きましたが、公演が始まってみてあらためて実感する「ハーフタイムシアター」という上演形態のすごさについて、あらためてわかりやすく確認してみますっ!!

映画は、だいたい2時間が普通( http://nagadoifilms.dtiblog.com/blog-entry-81.html )。
▼テレビドラマは、連続モノは1時間が普通で、30分のや2時間のも有り。
▼が、演劇は、休憩無しの小劇場演劇系なら90分〜2時間半くらいの幅があって、日によって上演時間が違う、なんていうのもあたりまえ。大劇場の休憩有りな商業演劇だと3時間ちょい。つまり、「演劇」っていうくくりだと、とにかく長いのがあたりまえ。

しかしっ!!

ハーフタイムシアターが画期的なのは
「上演時間は60分」と決めてあるところなんですっ!!

■1作品なら上演時間が60分だから。
▼予定が組みやすい。
→→→どんなに忙しい人でも、1時間だけならなんとかなるはずっ!!

▼長時間じっとしてられない人でも安心。
→→→映画だって途中で飽きちゃう、というお友達も「60分だから」と誘いやすいっ!!

▼ストーリーが普段以上にわかりやすい。
→→→短時間のため、主に主人公が一人で頑張る話。なので入り込みやすいっ!!

▼登場人物が少なくて楽っ!!
→→→話が短いから相関関係もシンプルで、出てくる人の名前も覚えやすいっ!!

他にも……

「映画はキツいけどドラマならOK」という人を安心して誘える。
「演劇って長くて」っていう演劇アレルギーの人でも「1時間だよ」と言うと誘いやすい。
トイレが近い人も安心。
▼1時間なら、携帯の電源を切っていても怪しまれない(←どんなっ?!)。
▼1時間なら、赤ちゃんの世話に慣れてない旦那さんでもなんとかなるから預けやすいっ!!
……託児のご案内はこちら →→→ http://www.caramelbox.com/stage/halftime2013/baby.html

▼1時に始まっても2時に終わる。……平日にこのステージがあれば幼稚園のお迎えに間に合ったのになぁ……。
▼2時に始まっても3時に終わる。……おやつに間に合う!!
▼6時に始まっても7時に終わる。……もう一本観ちゃおうかな、って気になりますなっ!!
▼7時に始まっても8時に終わる。……短いから、観た後にごはんにも行ける。
▼8時半に始まっても9時半に終わる。……夜が得した気分になる。

どうですかっ?!
「ハーフタイムシアター」はいいことだらけでしょっ?!

おまけにっ!!
■チケット代は「ハーフ」とまではいかないけど、4000円。そのうえに学割だと3000円。

2本立てだからっ!!
■1回劇場に行っただけで2本観られる。交通費の節約?!
■とりあえず片方だけを観てからもう一本を観るか同じのをもう1回観るかを決められる。

……もう、これで、観ない理由が見つからないことがわかりましたねっ!!
では、3月10日(日)までにサンシャイン劇場で何度お目にかかれるか、楽しみにしておりますっ!!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 さてっ!!
 話は変わりまして。
 今年の劇団員オーディションで入団した3人の新人( http://caramelbox-kato.blog.so-net.ne.jp/2013-02-06 )のうち、木村玲衣(きむら・れい)が、今公演の初日から劇場入りしておりますっ!!

 木村は、川越市の星野高校演劇部出身。いっつもみんなで観に来てくれる学校ですねぇ。後輩の皆さん、先輩の初舞台をお楽しみにっ!!
 今はまず、主に楽屋のいろいろをやさしーーーぃ先輩から教わったりしているところですが、今後はロビーでパンフレットを配る係になったりして皆さんの前に現れると思いますので、見かけたら声をかけてあげてくださいねぇーっ!!
A53J0011.jpg
真ん中が木村。ちっちゃいですねぇー。
ちなみに、
左は優しい先輩の笹川亜矢奈、
右も優しい先輩の小林春世っ。
この2人は、西川浩幸の「ほぼ前説」の助手として出演(?)しております。


2013-02-27 21:54  nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「西川浩幸のほぼ前説」、快調に毎ステージいろんな質問にお答えし続けておりますっ!!是非あなたもっ!! [『隠し剣鬼ノ爪』『盲目剣谺(こだま)返し』]

 今回のハーフタイムシアターでは、「リーダー」こと「ほぼ旗揚げメンバー」の西川浩幸がたまたまスケジュールが空いていたのをいいことに、なんと前説を頼んじゃいましたっ!!
 
 東京公演初日から快調に飛ばしている、「西川浩幸のほぼ前説」
 http://www.caramelbox.com/stage/halftime2013/maesetsu.html

A53J1987.jpg
 
 基本的には、そのステージにご来場予定のお客さんから前もってメールで質問を送っていただき、西川がお答えしていく、というものなので、当然のように質問は毎日変わりますし、答えも毎日変わります。
 
 質問の到着が少ない日には、僕や成井や岡田達也や他劇団員たちが送ってあった質問の中から西川が選んで答えてくれていたりもします。ちなみに、僕は万が一を考えて何十個もの質問を送ってありましたが、読まれたのは最初の2日だけでした……(←いいことじゃないかっ?!)。
 
 ちなみに西川は、以前もこのブログでご紹介した通り2011年4月に「左前頭葉皮質梗塞」を発症しておりまして( http://caramelbox-kato.blog.so-net.ne.jp/2011-04-22 )、その後リハビリは続けておりますが、若干言葉が出づらいことには変わりありません。
 が、もう、本人も含めて「そういう人」として堂々とやっておりまして。もう、これが「個性」となっております。
 むしろ、言われなければ脳梗塞だったことなんてわからないかもしれません。もちろんここまで来るには、僕らがうかがい知れない努力があったことと思います。ご家族や周囲に脳梗塞の経験をされた方をお持ちの方や、言語療法に携わる方々からは「ほんとに脳梗塞だったんですか?」と聞かれるくらいです。
 もともと話すことが仕事だったということももちろんあるとは思いますが、「今の西川」はそういう方々の勇気をお届けする存在にもなっている模様ですね。
 
A53J1980.jpg
 ……といったことは置いといても、そもそもしゃべりというよりも存在そのものがおもしろい西川。

 基本的にダジャレは盛り込みつつ、アゴが床に着くような回答を連発してくれておりますので、『隠し剣鬼ノ爪』または『盲目剣谺(こだま)返し』のどちらか一本をご覧いただいたとしても西川の前説とセットで二本立てみたいな気分になっていただけることは間違いありませんっ!!
 
 始まったばかりのようで、明日はもう3月。この東京公演も10日までですから、もう、あっという間ですっ!!
 早めに質問を考えて送信してから、是非サンシャイン劇場へっ!!
 
 http://www.caramelbox.com/


2013-02-28 19:33  nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

メッセージを送る

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。