So-net無料ブログ作成
検索選択

来春の劇団結成30周年記念公演第一弾は梶尾真治さん原作の『クロノス・ジョウンターの伝説』シリーズの2時間作品二本立てに決定っ!! [『クロノス・ジョウンターの伝説』2015]

クロノス1.jpg

 来春の劇団結成30周年記念公演第一弾は梶尾真治さん原作の『クロノス・ジョウンターの伝説』シリーズの2時間作品二本立てで、『クロノス』再演と成井豊の書き下ろし新作『パスファインダー』に決まりました。2月下旬に大阪・サンケイホールブリーゼ、3月に東京サンシャイン劇場で上演します。 http://www.caramelbox.com/stage/30th-1/

 『クロノス・ジョウンターの伝説』は梶尾真治さんの小説で、使う人の思い通りには動いてくれず使うためには大きな代償を払わねばならない出来損ないのタイムマシン「クロノス・ジョウンター」が「主人公」の人気シリーズです。キャラメルボックスでは2005年から2010年にかけて5作品を上演してきました。

 2005年に一作品目の『クロノス』、そしてその後『ミス・ダンデライオン』、『あした あなた あいたい』、『きみがいた時間 ぼくのいく時間』、と上演してきて、2010年の『南十字星(サザンクロス)駅で』で梶尾先生が書かれたシリーズの上演は何作品か舞台化していないものはあるものの、キャラメルボックスとしては終了。結成25周年の年に上演された『南十字星駅で』では、「最後のクロノス・ジョウンターだ!!」と、クロノスファンは涙したものでした。

 がっ!!
 なんと今回の『パスファインダー』は新作っ!!……しかもなんと、まさかの、成井豊が梶尾真治さんに直接許諾を得て書き下ろす新作なのです!!

 夏目漱石さんに『三四郎』『それから』『門』の続編の「そうっすか」を書かせてください、とお願いしたくても無理(←そりゃそうだ)。筒井康隆さんに『家族八景』、『七瀬ふたたび』、『エディプスの恋人』の続編の「七瀬リターンズ」を書かせてください、なんてとてもじゃないけど誰も言い出せません(←そもそも七瀬シリーズ上演してないし)。……ってくらいに、とんでもないことです(←たとえ話が間違ってる気がする)。

 ただし。本人から聞いたわけではありませんが、僕らが子供の頃、NHK少年ドラマシリーズで「タイムトラベラー」という筒井康隆さん原作のテレビドラマがヒットして、「続タイムトラベラー」がオンエアされたときは筒井さんじゃなくて脚本家の石山透さんが書かれていましたので、そういうのが頭にあったのかもしれません。

クロノス2.jpg
 僕や成井の子供時代はウルトラQから始まってウルトラマンや仮面ライダーやゴジラが全盛で、筒井さんや星新一さん、眉村卓さん、小松左京さん、といった方々の小説で少年時代を過ごしました。そういうバックボーンがあったので、自然とキャラメルボックスは第一回公演からタイムトラベル・ストーリーを上演しました。そして出会った、梶尾真治さんの作品群。
 2003年に、草彅剛さん主演で映画化された『黄泉がえり』(よみがえり)の原作でも知られていますが、「エマノンシリーズ」「未来のおもいで」「つばき、時跳び」なども、グッとくるストーリーで人気があり、その世界観はものすごくキャラメルボックス、というか、成井豊が書いてきたものに近く、本人もどこかに「書きたかったものを梶尾さんに書かれちゃってる」みたいなことを書いていた覚えがあります。

 というわけで、そんな思い入れがある『クロノス・ジョウンターの伝説』シリーズ。
 キャラメルボックスとしては第一作目だった「吹原和彦の軌跡」を原作とした『クロノス』は、10年ぶりの再演。当時主人公の吹原を演じた菅野良一が俳優と同時に農学博士でもあり、春から秋までは研究生活を送っているという特殊事情もあって再演を見送っているうちに時間が経った、という経緯もありますが、やはりなにしろ過酷な舞台だったため機を見て、と考えてきたのが30周年での上演、ということに繋がったというわけです。
 が、今回の吹原役は、畑中智行。菅野がいい年齢になったから、というのもありますが、畑中はこれまで「愛されキャラ」を演じてくることが多かった中、なにしろ1978年生まれですからそろそろ岡田達也と双璧を成す頼もしい男になって欲しい、という成井豊の願いも込めてキャスティングされたのではないか、と僕は勝手に推測しております。

クロノス3.jpg
 そして新作『パスファインダー』。
 英語表記は「pathfinder」。「path」を「find」する人、つまり、「探検者」「開拓者」などの意味があります。
 映画ファンの方、軍事関係に詳しい方、車好きの方、宇宙好きの方、Macファンの方、それぞれにそれぞれの「パスファインダー」のイメージがあるかと思いますが、語源は一緒です。

 過去の『クロノス・ジョウンターの伝説』は、全て年表上に記すことができます。というか、物語に登場するタイムマシン「クロノス・ジョウンター」は一台しかない設定なので、ダブッて使うわけにはいかないということもありまして。なので、今回はそれらの物語が織り上げてきた時間軸の合間を縫って、別な男が時間を飛ぶことになります。それが、フライヤーの表面の写真に写っている岡田達也なのか木村玲衣なのか、裏面に写っているワタナベエンターテインメントの陳内将くんなのか。それはしばらくナイショにしておきましょう。

 前売り開始は12月20日(土)。

 とりあえず『ブリザード・ミュージック』か『太陽の棘 彼はなぜ彼女を残して旅立ったのだろう』をご覧いただきながら、春を楽しみにしていてくださいませっ!!



メッセージを送る

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。