So-net無料ブログ作成
検索選択

いよいよ7月12日(日)までです。「トライアスロンパス」「オーナーズ・クラブ」。 [製作総指揮としてのお知らせ。]

いよいよ7月12日(日)までです。 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

スクリーンショット 2015-06-18 10.40.46.png
■「トライアスロンパス2016」
予約受付最終日
……30周年の2015年はいったんやめた年間観劇チケットを、2016年は復活!!

(1)『きみがいた時間 ぼくのいく時間』(梶尾真治 原作)+新作
(2)D-BOYSコラボ企画(アナザーフェイス)
(3)成井豊・夏の新作
(4)グリーティングシアター『嵐になるまで待って』
(5)伊坂幸太郎 原作『ゴールデンスランバー』
-----という見逃せない1年を、ともに過ごしましょう!!
http://www.caramelbox.com/s/pass/?utm_source=661&utm_medium=mail

スクリーンショット 2015-06-18 10.39.12.png
■「キャラメルボックス・オーナーズ・クラブ」
申し込み受付最終日
……劇団として健康なのは「今やっている公演」を抜群におもしろくしてチケットとグッズをたくさん買っていただくこと。でも、2011年から不健康になってしまった状態が長引いているため、今、あえてサポーターのみなさんの力をお借りしたいのです。もう一息。

http://www.caramelbox.com/s/coc/?utm_source=661&utm_medium=mail


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 5月から、キャラメルボックス・サポーターズ・クラブのみなさんへのお手紙やメールなどで、「トライアスロンパス」の復活と「キャラメルボックス・オーナーズ・クラブ」の募集のお知らせをさせていただいてきました。結成30周年の今年に入ってからようやく復調の兆しは見えてきてはいますが、2011年以降、あまりにも平日公演にご来場くださるお客さまが激減しました。この5年間、劇団員一同一丸となって様々な打開策を講じて参りましたが、積み重なってきたマイナスが非常に大きく、普段からお世話になっているサポーターの皆さんにさらなる御協力をお願いせざるを得ないところにまで至った、という状況です。
 
 目の前の『時をかける少女』も、土曜と日曜のお昼の回だけは完売寸前なのに平日はいまだに3割から4割という予約状況で、これは2010年以前には無かった極端な事態です。昨年以来「全てのステージが特別」という基本コンセプトで、公演中毎日をお祭りにしようと、まだまだ追加のイベントも画策中です。
 来年の公演予定に関しては、「決めた」というよりも「決まってしまった」という表現の方が合っている勢いで、30周年公演を企画していく中で31年目もどんどんやるべきことややりたいことが積もっていったためにこれほど早期に発表できた、というくらい、集団としては脂が乗り切っています。

 そこで、重ねてお願い申し上げます。
 ぜひ、来年のキャラメルボックスにあなたの気持ちと力をお貸しください。
 とにかく、『時をかける少女』の平日公演の日程をご確認のうえ、ご予約をお願いいたします。また、あなたが無理ならお友達を送り込んでください。
 そして可能なら、来年の全公演を安く楽に確実にご覧いただける「トライアスロンパス2016」をご予約ください。
 さらに可能ならば、2016年が終った時に「年間観客動員数」が[予定ステージ数×劇場収容人数]の75%を越えた場合にお礼をお届けする「キャラメルボックス・オーナーズ・クラブ」にもご参加ください。

 是非、下記のリンク先をご覧ください。お申し込みの締め切りは、12日日曜日の夜中の12時です。

「トライアスロンパス」詳細
http://www.caramelbox.com/s/pass/?utm_source=661&utm_medium=mail

「キャラメルボックス・オーナーズ・クラブ」詳細
http://www.caramelbox.com/s/coc/?utm_source=661&utm_medium=mail

CGqmdOHUYAEMHpM.png
★『時をかける少女』詳細
http://www.caramelbox.com/s/30th-3/?utm_source=661&utm_medium=mail

=======================================================================



高校生からいただいた、「選曲のしかた」へのお返事。 [演劇関係のこと。]

【質問】
いま、文化祭の劇の稽古の真っ只中なのですが、選曲についてお聞きしたいことがあります。
キャラメルボックスはシーンと曲がマッチしていて素晴らしいです。このシーンはこんな曲、といったようなものはあるのでしょうか?
台本をたくさん読んだうえで、どのタイミングでこのシーンだからこんな曲をいれよう!とか、そういうのがよくわからなくて。

【おこたえ】
今はもう、「セリフが曲をかけさせる」というか、「自然に降ってくる」という感じなので参考にならないと思いますので、学生劇団時代のことを思い出しながらお返事します。

あくまでも僕の流儀というか好みですが、劇中でかける音楽には「大道具」「小道具」「衣裳」「香り」があります。
「大道具」……オープニング、エンディング、クライマックスシーン、など。
「小道具」……物語が展開するキッカケとなる台詞でかけるもの。
「衣裳」……物語の登場人物を励ましてあげたり、内面を表現してあげたりするもの。
「香り」……シーン全体に、香水を振りかけるようなもの。

キャラメルボックスでは、「悲しいシーンに悲しい曲」といったような、シーンの説明のために音楽をかける、というやり方はしません。あくまでも、登場人物の気持ちに寄り添った、もしくは気持ちを支えてあげられるような、お客さんの想像力の活動を活性化させる役割として音楽が存在していると思っています。

できることなら、音楽は使わないで役者の芝居だけでいけるようにしたいので、最初はかけられそうなところにどんどんかけていって稽古を盛り上げ、芝居が良くなってきたらどんどん音楽をカットしていって残ったものを本番でも使う、というやり方がよいのではないかと思います。

結局、「とりあえずかけたいと思ったところでかけてみる」というあたりまえのお答えになってしまいますが、実際そうなのでしょうがないです。すみません。ただし、稽古を見た後に台本を読みながら自分でシミュレーションしながら一人でかけてみる時間、というのももちろん必要です。

そのためには、とにかくたくさん「この芝居に使えるっぽい」曲をストックしておくことだと思います。

……お答えになっているでしょうか?!



28日(火)初日。この夏は筒井康隆さんの『時をかける少女』を、30年間、時をかけ続けてきた劇団が上演します。 [『時をかける少女』]

 キャラメルボックス2015サマーツアー『時をかける少女』。結成30年目を迎えた今年、成井豊や僕がSF好きになった原点である筒井康隆さんのこの小説を舞台化させていただくということは、活動の節目としてこのうえもなく喜ばしいことです。筒井さん、関係者のみなさま、ありがとうございます。大切に舞台化させていただきます。
 
A53J8468.jpg
 そして、主演が入団3年目の21歳、木村玲衣。

 初期の頃こそ劇団員が少なかったために「抜擢」はせざるを得ないという状況だったために強引に若手を主役に据えて育ててきた時期がありましたが、2000年を過ぎてからは力のある俳優が増えてきたのでじっくり育ててから主演、という流れが定着してきていました。が、そんな充実した俳優陣を抱えているキャラメルボックスが、よりにもよって30周年の今、入団3年目の21歳の女優を、しかも『時をかける少女』という30周年のクライマックスを飾る作品の主役に大抜擢するということは、かなりの驚きをもって受け止めてられました。

 しかし、安心してください。その21歳初主演の木村玲衣を支える俳優陣をご覧ください。
A53J8380.jpg
 30年間キャラメルボックスを支えてきた「リーダー」こと西川浩幸。1990年入団、『ヒトミ』で初主演してから25年間成井豊の舞台を支え続けてきた「魔女」こと坂口理恵。1991年入団、『TWO』で初主演してからどれだけのヒロインを演じてきたかわからない、岡田さつき。1995年入団、『アンフォゲッタブル』で主演してからそのソリッドな演技で主軸を任せられ続けてきた大内厚雄。大内の同期で『裏切り御免!』に主演して以来なくてはならない存在の大声長身・前田綾。2001年入団、ベイスターズの三浦大輔投手の弟としても知られ『風を継ぐ者』では体育会系な土方歳三を演じた三浦剛。2003年に入団して『降りそそぐ百万粒の雨さえも』に主演した、左東広之。2007年入団、昨年の『太陽の棘』で初主演したばかりの鍛治本大樹。

A53J8554.jpg
 それら主演クラスの俳優陣に加えて、初期キャラメルボックスを支え多数のドラマ映画で大活躍中のOB・近江谷太朗がゲストとして登場。そのうえ、昨年の『涙を数える』に初ゲスト出演したと同時に今夏の客演をオファーしたというほど演出・成井豊が惚れ込んだ、D-BOYS・池岡亮介くんが重要な役どころで登場します。
 
 主演の木村玲衣は、1993年生まれ、2013年入団。埼玉県の星野高校演劇部で活動した後にすぐにキャラメルボックス俳優教室に入り、終了後すぐにオーディション合格。今春の『パスファインダー』ではすでにヒロインを演じて、脚光を浴びておりました。


A53J8657.jpg
 その木村玲衣については、ロングインタビューが高校演劇応援サイト『ゲキ部!』に掲載されておりましたので、是非お読みください。
 http://t.co/yHyR5fF93A
 
 そんな、一見「若手大抜擢」に見えつつ、キャラメルボックス30年を支えてきた俳優たちとキャラメルボックスの俳優育成システムがどっしりと支える『時をかける少女』。
 何度も行われた稽古場での通し稽古でも、木村が不安になりそうなところでは必ず池岡くんや坂口や先輩たちがフォローに入っているのが印象的でした。
 
A53J8591.jpg
 そして『時をかける少女』と言えば、「タイムリープ」。原作小説はもちろん、過去のテレビドラマや映画をご覧になっている方はご存じの通り、主人公・芳山和子は何度も時間を飛びます。そして今回、原作の30数年後を描いたキャラメルボックス版のこの舞台でも、主人公・尾道マナツは何度も時を飛びます。……と簡単に「時を飛びます」と書きましたが、小説は想像力で飛べるとして、映像ではものすごく凝った処理をして表現されていたかと思います。それを、演劇では果たしてどうするのか、ということを、不安に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 
A53J8394.jpg
 が。
 キャラメルボックスは、1986年の第一回公演『地図屋と銀ライオン』で、すでにタイムトラベルシーンをやりました。その後、「ニュースキャスター・柿本光介シリーズ」の『銀河旋律』『広くてすてきな宇宙じゃないか』『僕のポケットは星でいっぱい』でも何度も時を飛び、梶尾真治さんの『クロノス・ジョウンターの伝説』シリーズを次々と上演したときには舞台上に巨大なタイムマシンを作り上げ、重松清さんの『流星ワゴン』ではなんと舞台上に本物の「赤のオデッセイ」を登場させました。

 そうなんです。キャラメルボックスは、時を飛ぶ舞台を、おそらく世界一たくさんやってきた劇団なのです。
 
 その30周年記念公演としてお届けする『時をかける少女』では、果たしてどんなタイムリープを見せるのか。ここも、当然見どころです。
 
A53J8577.jpg
 ▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽
 
 原作の主人公・芳山和子の30数年後を演じる坂口理恵。そして今回の主人公である和子の姪を演じる木村玲衣。
 二人の「時をかける少女」たちの活躍と淡くて強い思いを、ぜひ受け止めにいらしてください。
 
 28日(火)、サンシャイン劇場で初日。8月9日(日)まで。その後、20日〜24日に大阪・サンケイホールブリーゼです。
 http://www.caramelbox.com/stage/30th-3/
 
 △△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
 
 写真は、稽古場での通し稽古でのショットです。
A53J8567s.jpg



メッセージを送る

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。