So-net無料ブログ作成
検索選択
『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』 ブログトップ
前の10件 | -

昨日、名古屋に行ってきましたっ!! [『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』]

 昨日10月8日(木)、製作部加藤・及川、そして西川浩幸の3人で、『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』名古屋公演のプロモーションのために、名古屋のメ〜テレに行ってきましたっ!!
 
 ……えっ……昨日……?

 と思われた方、正解です、早朝に東海地方を台風が直撃したその日です。

 朝4時までテレビで情報収集して、6時に起きてニュースを見て、7時の時点ではまだ新幹線は止まったりしていたのですが、「これは行けるっ!!東海道新幹線ならなんとかしてくれるっ!!」と判断して、見切り発車で東京駅へっ!!

 ……が、中央線・山手線などなど、都内の電車が止まりまくっていて、東京駅に辿り着くまでが一苦労。一番最初に家を出た僕が、及川・西川組に置いていかれる始末……。

 が、なんとかかんとか3人とも「報道各社合同取材」の時間ぎりぎりに間に合いましたっ!!
 
 ところが……なんと、名古屋市内の電車が止まっていて、半分くらいの記者さん達が来られなかった、という……しまった……そっちがあったか……。
 
 メ〜テレさんのイベント情報番組の収録なんかもありましたので、いつかどこかに西川(と、もしかしたら僕)が登場するかもしれません。名古屋の皆さん、お楽しみに〜〜〜っ!!

 どこにいつ載るかがわかったら、新着情報ブログ(http://caramelbox-new.blog.so-net.ne.jp/ )にアップされると思いますのでチェックしておいてくださいっ!!

904G3532.jpg
西川が撮影されているところを撮影してみました。

904G3531.jpg
この番組に、きっと出ます。

904G3539.jpg
メ〜テレのマスコット「ウルフィー」と記念撮影。
……してるところを撮影。



通し稽古レポート!! [『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』]

 今日から、名古屋入りです。あ、まだ僕は東京にいますが。
 
 怒濤のように、『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』の稽古が終っていきました。
 どんなに「怒濤のように」かというと、今回の芝居、今までに無い演出アイディアが成井豊から出てきてしまいまして、それに対応するために出演者全員が入り乱れてアイディアを出し合わなければならない状況になっていたのです。
 詳しいことは初日が開いてからネタバレブログに書こうと思うのですが、通し稽古を見ている側からしたら抜群に面白いのに、演じている側は脳が逆回転しそうなほどの大変さだと思われますっ!!
 
 パッと見た感じでは、『MIRAGE』、『嵐になるまで待って』、『トリツカレ男』、『君の心臓の鼓動が聞こえる場所』、などなどの「コミュニケーション」をテーマにした(?)お芝居の要素が散りばめられているような感じ。が、なにしろ凄いのが、2時間の作品なのですが、舞台上に出突っ張りの役者が4人もいる、ということ!!
 これ、最初に見たときは意識しないで見ていたのですが、ふと気づいて「香盤表」(出演者がどのシーンに出ているかとかがわかる一覧表)を見たら、ぶわぁぁぁぁぁぁぁぁっと○が。うひゃぁぁぁぁ……。
 
 ……もちろん、主役の西川浩幸がそのうちの一人であることは間違いありませんが。
 
 台本だけ読んでいたときは、「この話、誰に感情移入して見ればいいんだろう?」とか「これって飛躍しすぎじゃない?」などと思いながら選曲をしていたのですけど、実際に役者達が動いているのを見て初めて、「あぁっ、成井はこれをこうするためにこうしたのかぁっ!!」ということがわかってビックリ。
 
 で。
 去年の冬の『君の心臓の鼓動が聞こえる場所』は、お父さんと娘のすれ違いにドキドキする、という物語で楽しむ感じだったのですけど、『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』は、一つの大きな物語にドキドキするのではなくって、小さなちょっとした「うれしい」や「ありがとう」や「きゅんっ」が、いっぱい重なっていく、といういまだかつてない展開。そこに、最初に書いた「今までに無い演出アイディア」が加わって、「きゅんっ」なのに爆笑、深刻なシーンのはずなのに爆笑、なんてことも積み重ねられていきます。
 中でも、「とある状態の時の細見大輔」の面白さは並外れております。もう、台詞を聞いている暇が無いってくらいに笑わされてしまいました。
 こうして、「ちょっとうれしい」や「爆笑」が繰り返されて心を揺さぶられ、ラストシーンでは、もう、「ただただ嬉しい」になっちゃっておりました。いや、物語の結末は、『君の心臓の鼓動が聞こえる場所』みたいにドラマチックでは無いはずなのに、芝居が終った瞬間、胸のドキドキが最高潮に達しておりました。
 
 出突っ張りの4人だけではなく、ほとんどの出演者がしょっちゅう出てきてはいろんなことをし続ける、という、そういう意味では『トリツカレ男』みたいな要素もあったりする全員体当たりの芝居。
 そもそも、成井豊が書いた原作小説『天使の耳の物語』は、読んだ限りでは「コレ、どーやって舞台化すんねんっ?!」というお話。まぁ、それは『嵐になるまで待って』も『君の心臓の鼓動が聞こえる場所』もそうだったわけですけれども、そういう「不可能」に挑戦し続けることで、この劇団は続いているんだと思うのですね。
 物語そのものもそうなのですが、舞台上で必死に自分と戦っている14人の出演者たちが2時間を走り抜けた瞬間の爽快感が、これまた今回の芝居の観後観に影響していることは間違いありません。
 
 さぁ、今週金曜日、名古屋で初日です。世界で初めて『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』を見られるのは、名古屋っ!!
 
 中部地区の皆さんっ!!誰よりも早く、この作品を見届けてくださいっ!!
 
 あっ……。
 選曲なのですけど……おっと……6日まで内緒っ!!……ふっふっふっふっ……選曲の神様がとんでもないことをしてくれたんです……!!



本日、名古屋でツアー初日!!是非来てくださいっ!! [『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』]

 『すべての風景の中にあなたがいます』、『光の帝国』、『容疑者χの献身』、『風を継ぐ者』、『さよならノーチラス号』と、立て続けに公演を打ち続けてきた2009年のキャラメルボックス、ついに本日、締めくくりのクリスマス公演が開幕します。

 

 『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』。

 成井豊がまず原作の小説を書き、それをあらためて舞台化する、というあえて手の込んだ手法で制作することによって自分たちの作品を客観視しながら一段上の面白さを目指そう、という、『嵐になるまで待って』にヒントを得て『君の心臓の鼓動が聞こえる場所』で導入してみたいまだかつてない劇作方法です。

 

 今回は、舞台化不可能と思われる原作を、あえて本人が頭をひねって新しい演出方法を用いて舞台化に成功しました。

 

 「望んでいないのに他人の心の声が聞こえてしまう」という「天使の耳」。事故でこの能力を手に入れてしまった主人公の葛藤や冒険を描くわけですが、『嵐になるまで待って』の時の「二つめの声」のような描き方はいたしません。

 じゃぁ、どうするのか。

 それが、今日名古屋・名鉄ホールで明らかになります。

 

 14人の出演者が舞台上を駆け回り、動き回る、まさに全員演劇。

 『スキップ』、『トリツカレ男』などの作品でチャレンジしてきた全員演劇の、今回は全く別パターンです。

 

 リハーサルもいつも以上に入念に行われ、ついに本日初日を迎えることができました。

 

 もちろんいつも通り、劇中の音楽は重要な要素。

 初めて公開しますが、堂島孝平さんと石田ショーキチさんの新曲が登場します!!

 

 キャラメルボックスの完全新作『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』。

 世界で初めて見られるのは、名古屋・名鉄ホール。

 本日19時、皆さんのご来場を心よりお待ち申し上げておりますっ!!



名古屋公演、早くも終了っ!! [『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』]

 新作公演『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』の名古屋公演が、あっという間に始まって終ってしまいました。

 今までに無い手法を使った今回の芝居が、果たして名古屋の皆さんにどのように受けとめられるのか、と、ちょっと不安もあったのですが、蓋を開けてみればどかすか笑っていただいて、ぐすぐすしていただいて、ほっとひと安心です。

 「サントラはまだですかっ?!」とこれほど迫られたのも久しぶりかもしれません。

 あっ、そうそう、「解説付き使用曲目リスト」が、いつもだったらツアー初日が開いて2週間後くらいじゃないとできないのに、今回はなんと名古屋初日からあった、ということに驚かれたりして。それほど、ご覧くださった方に音楽関係のことでお伝えしたいことがあったものですからっ!!

 

904G9752.jpg

 でも、この初日の幕を名古屋で開けられたことには大きな意味があったと思います。なによりも、今回のツアーで最も大きなホールであった、ということ。ここで調子を掴めば、あと2会場はホームグラウンドですから、キュッと引き締めていけばもっともっとシャープでハイテンポな芝居になっていけるのだろうなぁ、と見ていて思いました。

 

 それにしても、本公演においてこんなに「挑戦」を詰め込んだ芝居もそうそうありません。ほとんどの役者が、本番中に楽屋に戻ってきている暇がない、というくらい、全員が全員、ヘヴィーな芝居ですし、自分の役をやっていればいいというわけでもない、という不可思議な芝居。

 人によっては、自分の役以外の役回りの方が大変、というヤツもいたり。でも、見ている方にとってはそれが逆にめちゃめちゃ面白かったり。

 

 名古屋の演劇担当の新聞記者の方が観に来てくださり、「いやー、こんなに笑わされたのに胸が痛くて、でも泣けて、脳がへとへとになって楽しかった芝居はそうそう無いですよ」とおっしゃっていました。

 ……なるほど、わかりますねー。

 また、別な記者さんからは、「普段観ている演劇って、必ず休憩できる瞬間とか、ふと我に返って時計を見る時間帯、っていうのがあるんですが、いやー、今日は気がついたら終ってましたよぉー。2時間もあったなんて、全く感じさせられませんでした」とも。

 ……なるほどー、そうかもしれません。

 

 こうやって、いろんな方にご覧いただいて感想をうかがうと、つい数日前まで稽古場だけで動いていたこの芝居に新しいものが吹き込まれていくような感覚を覚えますねぇ。

 

 今回の東京公演は、ぴあ株式会社さんが主催に入ってくださる、ということで『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』の特設ページができて、特設ブログもできまして、ぴあの担当の方がコツコツとブログを書いてくださっております。

 http://t.pia.jp/feature/stage/cml-angel/cml-angel.html

 僕も負けてはいられません。

 東京に帰ったら、ネタバレブログの準備を始めたいと思いますので、お楽しみにっ!!

 

 あっ。

 10月25日に発売された僕の本「僕が元気にヤセた理由(わけ)」も、ロビーでたくさん買っていただいてありがとうございましたっ!!

 すでに書店で購入いただいた方も、是非劇場にお持ちいただければ、その場でサインを書かせていただきますし、劇場でも、ご希望の方にはその場で書かせていただきますのでおっしゃってくださいませっ!!

 

 さぁ、もう、そろそろバラシも終りそうです。片付けが終ってないのは僕だけ状態っ!!いかんっ!!

 では、名古屋公演にご来場くださった皆さん、ありがとうございましたっ!!是非とも、神戸公演の平日がまだまだ空いているので、関西方面のお友達にご一報くださいませっ!!

 

 では、また来週っ!!



ついに神戸初日!! [『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』]

 満員の新神戸オリエンタル劇場で、神戸初日が開きましたっ!!

 名古屋で出た反省なども活かし、神戸向けにいろんなところを直して迎えた初日。滅多に無いことなのですが、ラストシーン後の暗転と同時に大きな拍手っ!!これは嬉しかったですーーーーっ!!

 

 で。

 今公演は12日(木)に劇場入りして仕込み開始。

 その晩、神戸公演恒例となっている「Level36ランチ&ディナー」の、試食に行ってきましたっ!!

 

 

angelmenu.jpg

 

 

 Level36(レベル・サーティーシックス)は、新神戸オリエンタル劇場が入っているホテル「クラウンプラザ神戸」の36階にある、イタリアンと和食とバーで構成されたレストランです。

 

 ホテルのレストラン、というと緊張してしまうかもしれませんが、こちらはジーンズでもOKなカジュアルな感じ。ランチのコースは1000円台、ディナーのコースは4000円くらいから、と、気軽に美味しいお料理を楽しめます。

 がっ。

 このお店の魅力は、美味しいお料理に加えて、景色っ!!夜なら夜景っ!!

 

 新神戸オリエンタル劇場の出口右側のエレベーターに乗ると、数秒間はコンクリートの中を上がっていきますが、突然ぶわっとすんごい夜景が広がります。

 エレベーターに乗った途端にお店の雰囲気に飲み込まれる感じですな。

 

904G0224.jpg

 

 

 で。今回は、So-net会員なら無料で入れるサイト「CARAMELBOX PRESS」のリニューアル完成を記念して追加される動画新番組「キャラメルボックス・レストランガイド(仮称)」の撮影も兼ねていたのでしたっ!!

 ……むふふふふふ……どーゆー番組になるかは、オープン後のお楽しみっ!!

 

904G0258.jpg

 で。

 いつもだと大人数で試食に行くのですが、今回は岡内・左東・多田と僕、そして付き添いの製作部・10年ぶりにツアー参加の阿部美樹雄。

 

 イタリアンのランチとディナーの1人前ずつプラスアルファを取り分けしつつ、全部いただきましたが……もーーー、相変わらずのシェフの冴え渡る繊細なお料理。

 

 カクテルも、アルコールとノンアルコールがありまして、それぞれ大人な甘さ。

 

 要予約ですが、是非神戸の山の麓の36階からの景色を眺めながらの『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』をより思い出深い舞台にしてくれるランチ&ディナーをお楽しみくださいっ!!

 

 で、13日(金)は1日がかりでサウンドチェックと照明作りとテクニカルリハーサル(場当たり)。場当たりでは、僕は最前列でムービーを。テープを東京のCaramelBoxTV庄村ディレクターに送って、プロモーションビデオを作ってもらうためなのでしたっ!!

 ……いやしかし、いつもは一眼レフで舞台を撮っていますが、ムービーって疲れますねー。動き回りながら撮っていたのですけど、いつもゲネプロで2000ショットくらい撮るのですが、ムービーの場合は手ぶれとかのことを考えちゃって、8000枚くらい撮ったくらいの疲労度でした……。

 でも、舞台に上がったりして、客席からは絶対に見えないショットも押えましたのでお楽しみにっ!!

 

 で、今日。

 午後いちからゲネプロ。

 ゲネでは、いつも通り一眼レフ。

 名古屋のゲネではロングの望遠レンズで撮っていたのですが、今回の芝居の場合は望遠で一人一人の表情を、っていうよりもショートの望遠で2~3ショットを狙って撮ってみました。

 ……なんでそーなったのかは、是非劇場で確認してくださいっ!!

 

 そして、19時から初日の舞台。

 先週の時点では100席以上空いていたのですが、直前でたくさんのご予約をいただいて満席っ!!

 名古屋とは違う、なんというのでしょう、関西ならではのクィックなリアクションに、出演者たちも戸惑っているようにさえ見えるほど、客席は盛り上がっておりまして、4月の『容疑者χの献身』以来の神戸なので、ホームのお客さんたちが待っててくれたんだなぁ、って感じがひしひしと伝わってきました。

 

 あっ。ロビー左奥のバーカウンターでは、これまた神戸公演恒例の「みき丸パン」が売られておりました。

 

904G1917.jpg

 

 

 今回は、秋の新味「栗あんぱん」が登場っ!!クラウンプラザ神戸製パン部謹製の、みき丸パン。売れ残ったら僕も買おうと思っていたのですが、残念ながらというか当然のように、完売っ!!幸運な購入者の皆様、お味はいかがでしたかっ?!……っていうか、試食させていただけないでしょうか、新神戸オリエンタル劇場さま……(←直接言いなさい)。

 

 

904G1918.jpg

 

 

 そして終演後には「ブログライター取材」も行われまして、最初は成井豊が一人で質問にお答え。

 

904G1931.jpg

 

 後から西川浩幸・阿部丈二・渡邊安理も加わって、ベテラン・サポーターの皆さんの突っ込んだ質問に、一つ一つ丁寧に応えておりました。

 

904G1952.jpg

 

 ……挙手が無い瞬間に僕も質問しちゃったりして……一応僕もブログライターなんで……。

 いやしかし、成井さんも西川も丈二も安理も、みんな真面目なんだなぁ……。反省する僕……(←何をっ?!)

 

 

904G1959.jpg

 

 

 ブログライター取材終了後、ライターの皆さんと、これまた恒例の記念撮影。

 何度も来てくださっている方もいらっしゃったり、今日が初めての方もいらっしゃったり。1990年の初神戸公演から全部ご覧くださってる、って方もいらっしゃったり。もう、今公演でちょうどキャラメルボックスは20年目の神戸公演ですから、歴史が歴史ですもんねっ!!

 ……あっ……。ささやかながら、「神戸公演20年目記念」のプレゼントも終演後にロビーの外にご用意してありますっ!!……ささやかなようで遠大なものなので、ご来場くださった方は絶対にお持ち帰りくださいませっ!!……むふふふふふふふふふふふふふふ。

 

 

904G1968.jpg

 

 

 原作、台本、稽古、通し稽古、ゲネプロ、初日、本番、という過程を経て、その都度どんどん違う顔を見せてくる『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』。

 タイトルこそ「エンジェル」なんて、甘い感じなのでありますが、実際は骨太の、24年間やってきた劇団じゃなきゃできないガチンコの全員でよってたかってお客さんを楽しませようとしまくりの、総合格闘技的エンタテインメント演劇。

 

 ……実は、我慢しきれなくて、ネタバレブログも更新してしまいました……!!

 すでにご覧くださった方、これから観る予定だけど「勇気(?)」がある方、今回は観ないつもりの方は、是非、見ちゃってください。

 「キャラメルボックス・ネタバレブログ」→→→http://caramelbox-netabare.blog.so-net.ne.jp/

 

 さぁて、明日日曜日は14:00の回。

 ほとんどお席は残っていませんが、当日券は若干あります。が、明日じゃなきゃダメ、という方を除いたら、是非とも火曜日と水曜日がオススメっ!!……てゆーか、相当大丈夫(←そんな日本語はねぇっ!!)。

 また、今日の初日をご覧くださった皆様、どしどしお友達を新神戸に送り込んでくださいねぇぇぇぇぇぇっ!!

 



神戸第二週が始まりますので、平日特典をご用意っ!! [『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』]

 さぁて、昨日は休演日、今日からリフレッシュした面々が神戸第二週の公演に向かいます。

 いつも通り、土日は満席ですが平日は大人な言葉を使えば「良いお席が有ります」で、はっきり言えば先週頭の段階で半分くらいの席が空いておりました。最近の傾向として直前でどばーっとご予約をいただく、という、ということもあるわけですが、それにしたって、まだまだまだまだ、って感じではないかな、と予想しております。

 

904G2372.jpg

 で。

 ささやかではありますが、平日限定プレゼントをご用意いたしました。

 東京公演の平日でお配りしようと思って作った、「名刺用『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』ステッカー」です。

 僕たち関係者が名刺に貼ってささやかながら宣伝しよう、というささやかなシールなんですが、ちょっと可愛くできちゃったのでお客さんにもプレゼントしよう、ってことになったのでした。

 たぶん、5のシールがセットになった状態でお配りできると思うのですが、全ステージで配るほどは無い、ってことで平日特典にさせていただきますっ!!

 

 あっ。

 あと、ロビーのバーカウンターで販売している神戸限定の「みき丸パン」ですが、土日はあっという間に売り切れてしまうのですけど、平日はお客さんが少ない分、確実に購入していただけると思いますっ!!

 

 あと、僕の本『僕が元気にヤセた理由(わけ)』ですが、もちろんロビーで販売しております。また、書店でお求めいただいた方も劇場にお持ちいただければ、その場でサインを書かせていただきますっ!!

 一昨日の終演後に、「発売日に買ってすぐに実践し始めたら、2週間ちょいですでに5kg痩せました」っていう男性がいらっしゃってびっくりっ!!ほらほらーっ!!

 ……まぁ、2年前の自分も含めて、メタボリック症候群になってる人って、本当に「生活習慣病」って言葉があるくらい、日常をちょっとずつ変えていくだけでみるみる効果が出ちゃうんですよねー。

 ご自身のため、だけではなく、旦那さんのため、お父さんのため、などなど、いろんな方にお求めいただいていております。

 「目の前で最もダイエットとかに興味が無さそうだった加藤さんにここまでやられちゃぁ、オレにもできそう、って思っちゃいますよねー」と悔しそうに(←なぜっ?!)買っていかれた同じ歳くらいの男性もいらっしゃいましたねぇ……。

 

 そんなわけで、何が言いたかったのかというと、平日は空いてますので、本に書いてあることだけじゃなくていろいろとサインもできますし、いろいろと相談に乗ることもできますよ、ってお話でしたっ!!

 

 おーっと、あと、すっかり書き忘れていましたが、今公演では、サポーターズ・クラブの入会特典が強力ですっ!!

 「キャラメルボックス・サポーターズ・クラブ・ビギナーズDVD」っ!!

 キャラメルボックスのサポーターになっていただいたならば是非知っておいていただきたいこと、などを、僕と、西川浩幸・大森美紀子の3人でおしゃべりしているトークコーナーと、キャラメルボックスがどんなお芝居をやっている劇団なのかを紹介した「劇団プロモーションビデオ、そして、サポーターの方には絶対に見ておいていただきたい、と僕が切実に思う作品である、ハーフタイムシアター『広くてすてきな宇宙じゃないか』が60分まるごと入っておりますっ!!

 すでにサポーターだけど欲しいっ、という方は、お友達を入会させて、いっしょにご覧くださいっ!!

 ちなみに、新神戸オリエンタル劇場のサポーターズ・クラブのブースにいるメンバーは、「CSC関西」という、サポーターの中から公募して選ばれた生え抜きのヘルパーの皆さんっ!!ウチの社員の誰よりもキャラメルボックスに詳しい人が何人もいらっしゃいますっ!!でも、社員でもアルバイトでもなくて、サポーターの一員。是非、気軽に話しかけてみてください。

 

 終演後は、次回公演のチラシと初日から解説付きの「使用曲目リスト」、そして「神戸公演20年目記念プレゼント」を持ち帰るのも忘れないでくださいねぇっ!!

 

 そんなわけで、神戸公演平日。

 三宮の駅からだと市営地下鉄で一駅の「新神戸」で降りてエスカレーターかエレベーターで2階へ、というのが主な行き方ですが、短気な僕は地下3階から地上2階まで上がるのが面倒なので、三宮駅前または地下鉄三宮駅前のバス停から「阪急六甲」行きのバスで数分の「布引(ぬのびき)」で降りる、という方法で通っております。劇場がある建物の、ほぼ目の前に停まりますので、すぐですよーっ!!

 料金は後払いで200円。ICOCAも使えます。ちなみに東京人の僕もICOCA愛用者でぇっすっ!!

 

 お待ちしておりますっ!!



20年目の神戸公演、終了っ!! [『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』]

 あっという間の神戸公演でした。
 作品の中身が濃厚であることが一番かと思いますが、とにかく毎日開演してからの2時間が経つのが早いまま日々が過ぎてしまった、という感じです。
 僕は楽屋のモニターで気になるところをチェックしながら仕事をしたり食べログを書いたりしているんですが、意識の半分以上は芝居を聴いています。
 「芝居を聴く」ってヘンな感じがするかもしれませんが、僕は音の世界の人なので、毎ステージ「聴いている」と、日々の芝居の違いを鮮明に感じることができるのです。
 ちょうど、サントラの楽曲のレコーディングの時に、微妙なフレーズの違いや歌い方の違いを聴き分けてベストなトラックを録音している時のような感じ。
 「あっ、今日の細見のその言い方いいぞぉっ」とか、「んっ、みっこさん、すごい入り込んでるっ!!」とか、いろんなことを感じながら聴き続け、ラストシーンは客席のどこかに入り込んで見たりしています。
 
 毎日楽屋で芝居を聴くのはいつものことなのですが、今回は「心の声が聞こえてしまう男の話」なのでありまして、その心の声も楽屋のスピーカーから聞こえてきます。客席で観ていると、「心の声」は「見える」わけですが(←ネタバレしないようにへんてこりんな表現してますが)、モニターだと聞こえるだけ。それが、逆に僕の想像力をぐいぐい高めてくれて、気がつくと仕事を忘れて聞き入っていたりしてしまい、それであっという間の2時間なのかもしれません。
 
 かつて「前説」を僕が生でやっていた頃は、前説だけでへとへとになってしまい、開演中はぶっ倒れて寝ていた、なんてこともありまして、それはもう本末転倒だろう、と思ったりしておりまして、今は芝居もちゃんと「聴け」ていいペースだな、と思います。
 
904G2906.jpg
 100年に一度の不景気と言われる今年。中でも関西は大変苦しい状況になっているということです。そんな「空気」をぶっ飛ばしていただくためにもキャラメルボックスはいつでも全力で皆さんに笑って笑ってドキドキしてホロッとしてスカッとしていただくべく、日々頑張っているわけではありますが、夜の三宮を歩いていると、週末でもあまりの人の少なさにびっくり……。
 来年はキャラメルボックス結成25周年ということもありますが、なんとなくどよーんとしたこの世の中の空気をぶっ飛ばすような芝居の数々を関西に持ってきてやるぅぅぅっぅ!!……と、行列が無くなった人気店で飲みながら決意しました。
 
 世の中はどよーーーんとしていますが、キャラメルボックスがいる劇場の中は常に熱い連中が全力で頑張っています。
 どよーーーんが嫌なあなた、是非、今度はサンシャイン劇場ですので、遊びに来てくださいっ!!「愛すべきバカ」がいーーーっぱい、舞台の上を走り回ってますのでっ!!
 
 神戸公演にご来場くださった皆さん、本当にありがとうございました。
 20年後、またここで「神戸公演40年目記念公演」で同じ空気を共有できるように、僕たちも頑張ります。
 この国が、この街が、素敵な2029年を迎えられるように、いっしょに明日に向かっていろんなことを良くしていきましょうねっ!!
 
 さぁて、来週はついに東京公演に突入です。
 
 全出演者が劇団員。一丸となって突き進む『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』が、サンシャイン劇場に帰宅しますっ!!「タイトルやチラシのイメージと、良い意味で全然違う」と、何人もの方々から言われ続けた名古屋と神戸のお客さんたちの思いをたっぷり吸い込んだ熟した舞台を持って帰りますので、是非一度、早めにご覧になってくださいっ!!……なぜならば、これほどまでに「もう一回観たい!!」と思う芝居は無いのではないか、と思うからですっ!!
 
 では、池袋でっ!!



サンシャイン最新情報っ!!(←食べ物系) [『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』]

 今日26日(木)は、朝から会社で社長の仕事、昼からサンシャイン劇場でサウンドチェック、夕方からテクニカルリハーサルこと「場当たり」、というスケジュールでした。
 家でたまごかけごはんを食べて(←ツアー中は食べたくても食べられないのですっ!!←海苔満載)出動、サウンドチェックの後は東急ハンズ横の桂花ラーメンに出動、場当たりが終った夜ご飯は「千石自慢ラーメン」という三食でしたっ。……ラーメン食い過ぎだっつーの……。
 
 で。
 夏以来のサンシャインシティに来てみたら、いろいろと最新情報がっ!!
 
904G3896.jpg
 まずは、急ぎでお伝えしなければいけないイベント。
 明日27日(金)から29日(日)まで劇場の向かいの展示ホールBとその下の3階Cホールで行われる、「ウィンターリゾート2010」。
 なんと、「子供ゲレンデ」ができるのだそうですっ!!
 
 そして、ウィンタースポーツ用品のお買い得セールもあるそうですが、なんたって僕が大注目しているのが「冬に美味しいB級ご当地グルメコーナー」っっっっっっ!!
 
 なんたって、あの「B-1グランプリ」(B級ご当地グルメの祭典)で、第1回・第2回を連覇した「富士宮やきそば」が27日から3日間登場っ!!そのうえ、28・29の土日は、第3回優勝の「厚木シロコロ・ホルモン」、第4回優勝の「横手やきそば」、第2・3・4回準優勝の「八戸せんべい汁」、そして第3回3位の「各務原キムチ鍋」が揃うのだそうですっ!!
 初日を観る前に、B級グルメっ!!
 ……少なくとも僕は100%行きますっ!!食いますっ!!
 
904G3489.jpg
 続いて、去年の冬ぐらいから着々と進んできた、サンシャイン60ビルの59階の大改装。
 フレンチの名店「オザミ」のサンシャイン店が、「オザミ・サンカントヌフ(=59)」。続いて、もともと58階にあった「サンシャイン・クルーズ・クルーズ」の和食展開である「天空の庭 星のなる木」が59階に。続いて、銀座の高級鮨屋「福助」、ニューヨークで大人気の中華店「ジョーズ上海」、と、高いところの高いお店が次々とオープン
 そしてなんと、12月18日(金)には、青山の「リゾートレストラン・カシータ」のグループが、イタリアン・レストラン「オーシャンカシータ」を開店っ!!
 http://www.casita.jp/ocean/index.html
 
 オーシャンカシータの開店で、サンシャイン60の59階大改装は終了だそうです。
 僕は一軒も行ったことがないのですけど、ランチならどこも2000円以下でいけそうですので、是非お試しくださいませっ!!
 
 ……この冬、何軒行けるかなぁ……でも一人で行くのは淋しいしなぁ……。
 劇団内で企画立てますかねっ!!
 
904G3486.jpg
 でっ。
 最後に、新店開店情報。

 東急ハンズの横からエスカレーターを降り……る時に、行列になってることがあるじゃないですか。そんな人混み嫌いなあなたは、……まぁ、僕なら地上をちゃっちゃと行っちゃうんですが、ルートがわからない場合は、エスカレーターの向こう側、つまり左側に階段があるのをご存じでしたか?!
 エスカレーターで降りるのと同じところに降りられます。

 で、地下1階の天井には、『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』のフラッグがずらーーーーっと。にしかわにしかわにしかわにしかわ……。

 で、その地下通路を抜けると、サンシャインシティ・アルパ。
 右側にバーガーキング、正面に受付の皆さん。
 で、左側に行くと、正面奥に僕の大好きなドトール。
 で、その手前左側に、以前は雑貨屋さんがあったところに、これまたイタリアンのお店が出現しておりましたっ!!
 「イル・ヴィゴーレ」。
 http://www.italiantomato.co.jp/vigore/index.html

 なんだか、高そうな、どーゆー意味の何語だかわからない(←イタリア語に決まってるでしょっ?!)店名ですが、店頭に「イタリアントマト」のクリスマスケーキの注文書が置いてあったので、その系列だと思われ(Googleで検索したら、やっぱりそうでした)、実際に中に入ってみたらフランクな感じのイタリアンバーでした。飲み食いしないで、ショップカードだけいただいてまいりました(←変な人だなー)。
 ここは、気軽に寄れるお店のようですね。
 
 ……てなわけで、日々「食べログ」に精を出しているおかげで、新規オープンのお店には敏感になっております。
 この冬、サンシャインは攻勢に出ていますね。
 すんげぇ楽しみですっ!!
 
 食べて、観て、食べて飲んで帰る。
 そんな「食べて美味しい観て美味しい飲んで楽しい一日」を、サンシャイン劇場とサンシャインシティでっ!!(←……サンシャインシティからオザミのお食事券とかでないかなぁっ?!←腹黒い……)
 
 



富士宮やきそば、劇場のお隣の1階下で食べてきましたっ!! [『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』]

行ってきました、サンシャイン劇場隣の展示ホールBと
1階下の展示ホールCで始まった「ウィンターリゾート2010」という
スキースノボリゾート地の見本市みたいなヤツにっ!!

がっ!!
目的はウィンターリゾートでは全くありませんっ!!

これっ!!
904G4078.jpg
3階の一番奥で食べられます。
日曜日まで。

904G4064.jpg
のぼり。

904G4080.jpg
富士宮やきそば専用ソース。

904G4075.jpg
我慢できなくて、撮影許可をいただきましたっ!!
うっまそーーーっ!!

904G4066.jpg
ソースかけてまぁぁぁぁっすっ!!


904G4081.jpg
できあがりっ!!


904G4084.jpg
パックに入れてくださいます。
500円。

904G4086.jpg
開けるとこんなっ!!
ぷりぷりの太麺と、かつお節の粉がポイント
紅ショウガも、ちょっと変わった独特のものでした。

904G4087.jpg
楽屋におみやげ。
ちなみに、会場内を歩いているとどんどんいろんなパンフレット
渡されまくります。

904G4090.jpg
イナノアンナと富士宮やきそば。

29日(日)までですっ!!
かなーり美味しかったので、
エンジェル・イヤーズ・ストーリー』観劇の際は是非お立ちよリくださいっ!!




横手やきそばと八戸せんべい汁がサンシャインでっ!! [『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』]

今日も、お隣の展示ホールBの1階下にある展示ホールCにでやっている、
「ウィンターリゾート2010」というイベントの「B級ご当地グルメコーナー」に
出撃して参りましたっ!!

904G6690.jpg
第4回大会ゴールドグランプリ
横手やきそばブース。

904G6680.jpg
焼いてるところっ!!【掲載許諾済】

904G6682s.jpg
ソースがじゅーーーーーーーっ!!

904G6685s.jpg
できましたぁっ!!

904G6704.jpg
目玉焼きが上に乗って、
なんと福神漬けが添えられてます。
半熟の卵をやきそばとあえていただきますっ!!
あまぁぁぁぁいやきそばでしたっ!!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
904G6692.jpg
第2・3・4回大会シルバーグランプリ、
八戸せんべい汁。

904G6697.jpg
大鍋で煮込んでますっ!!

904G6698.jpg
うにのおにぎり付きで500円。

904G6701.jpg
せんべい汁アップ。
南部せんべいを、きりたんぽみたいな感じで
野菜たっぷりのおつゆに入れてあるわけです。

……いただいてみて気づきました。
僕、実は、食べたことありました……。
両親が盛岡にいるもので……。

……と、そんなB級グルメの祭典がこんなに間近でやっているのも、
明日の日曜日まで……。
寂しいなーーー……。

明日ご来場の皆さん、混んでるかもしれませんが、劇場にいらっしゃる前に
行ってみてくださいねっ!!



前の10件 | - 『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』 ブログトップ
メッセージを送る

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。