So-net無料ブログ作成
検索選択
『賢治島探検記』2011 ブログトップ

宮沢賢治の世界を、キャラメルボックスがHappyにお届けいたします。『賢治島探検記』。 [『賢治島探検記』2011]

 昨日、緊急公演第一弾『賢治島探検記』の初日が開きました。

 この作品は、宮沢賢治の『セロ弾きのゴーシュ』と『銀河鉄道の夜』、そして日替わりで『どんぐりと山猫』・『注文の多い料理店』を、キャラメルボックス風にアレンジしてお届けする、歌や演奏もたっぷりの豊かな舞台です。
 いきなり賢治作品を始めてしまうのではなく、坂口理恵演じる「坂口教授」のゼミの学生たちが、宮沢賢治研究をしている中、街角で賢治作品を上演する、という設定のお芝居になっており、宮沢賢治に詳しくない方にも楽しめる配慮がされております。
 
 しかも。
 僕自身、父が盛岡出身で、賢治さんと同じ盛岡一高出身ということもあり、子供の頃から賢治作品は読まされてきたのですが、難しく馴染みの薄い固有名詞や賢治による造語(?)や方言や哲学的な言葉がちりばめられていて、童話、と呼ぶには難しすぎるというか近付きづらい感じがしていて、なおかつ「暗い」というイメージがつきまとってきていたのですね。まぁ、そこが賢治の童話の魅力だったりもするわけですが。
 が、キャラメルボックスの『賢治島探検記』では、なにしろキャラメルボックスがやるわけですので、原作の内容を噛み砕いて理解して取り入れた上で、「もしかしたら賢治さんが上演したとしてもこんなふうにやったんじゃないかな」という、エンターテインメント演劇に仕上げてあります。
 
IMG_3553.jpg
 そのため、普段のキャラメルボックスではやらないような楽器の演奏や、歌も満載。そのうえ、稽古場で役者達が生み出したアドリブからできあがった楽しいシーンもたっぷり。しかも、着ぐるみを着ずに役者が動物たちを演じ、なおかつ楽器のはずの「セロ」や、「扉」を役者が演じてしまう、など、キャラメルボックスならではの小劇場演劇的なアプローチがこれまた痛快。
 「演劇」の英訳が「Play」であることをあらためて思い出すほど、出演者みんなが舞台の上で自由に遊びまくっていて、観ている、というよりもいっしょに遊んでいるかのような感覚になってくる、不思議な時間を過ごすことができます。
 
 キャラメルボックス独特のハイスピードな展開で見せられる賢治作品。
 本来の宮沢賢治の童話は、しっとりとしてゆっくりした時間が流れているように感じるわけですが、普段はSFやファンタジーの世界をきっちりと描き、「人が人を思う気持ち」を全力で伝える演技をするのが専門の俳優たちが賢治の言葉一つ一つを発することによって、ハイスピードなのに賢治の思いが心に染み渡ってきます。
 
 今回は、被災地での上演を念頭に置いた演出がほどこされていて、客席も多用した参加型のアプローチもあります。
 
 あなたが過去にご覧になったことがある、いかなる宮沢賢治作品の映像・舞台とは、全く異なった世界が広がります。
 
 そこにいることが楽しい。
 そこにいられたことそのものが嬉しい。
 そんな、素敵な時間そのものが、『賢治島探検記』。
 
 公演回数が限られておりますのでなかなか参加は難しいかと思いますが、なんとか、いっしょに素敵な時を過ごしましょう。

■『賢治島探検記』の詳細はこちらから。
http://www.caramelbox.com/stage/kenji2011/index.html



西川浩幸、来週、『賢治島探検記』に4ステージのみ出演決定っ!!!! [『賢治島探検記』2011]

 病気後リハビリ中の西川浩幸が、『賢治島探検記』の下記の日程で、1シーンだけ出演することが決まりましたっ!!
 13日(月)19時・14日(火)14時・16日(木)14時・17日(金)15時……の4回だけです。
 入院後、生身の西川が皆さんの前に出るのは初めてのことです。
 平日の昼の回ばかりですが、可能ならば是非応援しにきてあげてください。
 
 ■『賢治島探検記』詳細
 PC→→→ http://www.caramelbox.com/stage/kenji2011/index.html
 携帯→→→ http://www.caramelbox.com/k/ 

 ■西川浩幸ブログ
 http://hiroyuki-nishikawa.blog.so-net.ne.jp/

 その後、西川は6月30日(木)〜7月3日(日)に行われる、首藤健祐さんのユニット「東京ハートブレイカーズ」の公演『フィッシュストーリー』に出演。首藤さんには「今のしゃべり方でいいような役で、是非出てください」と言っていただけたとのこと。どこまでできるかわかりませんが、チャレンジいたします。
 http://www.tokyoheartbreakers.com/stage/fishstory/index.html

 そしてその後、キャラメルボックス緊急公演『銀河旋律』。基本的には、出演予定です。
 完全復帰まで、是非応援し続けてあげてくださいっ!!
タグ:西川浩幸



『賢治島探検記』2011 ブログトップ
メッセージを送る

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。