So-net無料ブログ作成
『銀河旋律』2011 ブログトップ

『銀河旋律』が、来る。 [『銀河旋律』2011]

 はじめまして、

 明日、

 君と出会う僕です。

 

 

 

キャラメルボックス『銀河旋律』

73()5()

山野ホール(代々木)


http://www.caramelbox.com/stage/stardust-melody2011/index.html


2011-06-21 23:51  nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

【ネタバレ?】『銀河旋律』のエンディング曲は!! [『銀河旋律』2011]

 来週末、初日を迎えるキャラメルボックス緊急公演第2弾『銀河旋律』。
 1989年に史上初の「ハーフタイムシアター」として初演して以来、数度の再演を重ねてきました。
 そんな中、選曲に関してはマイナーチェンジはあったものの、変えられないところは変えられずに来ておりました。
 が、今回、告知も徹底されておらず公演期間が短いこともあり、観たくても観られないお客さんもたくさんいらっしゃるだろう、ということでDVD化を前提に、手続きに時間がかかる外国曲は全部変えてしまおう、と決意しました。
 
 そんな折りも折り、いつもいつもお世話になってきている、元スパイラルライフ→スクーデリア・エレクトロ、の石田ショーキチさんから「オレにエンディング曲書かせて」と連絡が。んな、無茶な、とも思ったのですが、一応この線で、と元使っていた曲もお渡ししておきました。
 
 が。できてきたのは、完全に石田ショーキチの世界。往年の名曲『MISS』を彷彿とさせつつ、しかししっかり前を向いて歩き出す勇気に溢れた優しく暖かく力強い素敵な曲でしたっ!!
 
 いつもの公演ですと、エンディング曲のことなど絶対に初日前にはブログに書かないのですが、石田さんが日記に書いちゃった( http://scudelia.net/diary/show/1030 )ということもありますが、いや、これは石田さんのファンの方にも劇場の特大スピーカーでこの超名曲を一刻も早く聴いていただかなければならない、と思ってしまったのです。
 
 もっとも、石田さんファンの皆さんからは「石田に新曲を書かせられるのはもはやあなたしかいない」とまで言われておりまして、その責任を感じている(?)のも確かですが、なにしろ去年は『また逢おうと竜馬は言った』『サンタクロースが歌ってくれた』と、連続して書いていただいてしまっているので、またお願いするのも心苦しいなぁ、と思っていたのです。が、しょうがないですよ、本人からこんな名曲が届いちゃったら。
 
 他にも、いつもお世話になっている鈴木雄大さん、木原健太郎さんからもあらたに楽曲提供をいただき、新旧の楽曲を取り混ぜたサウンドトラックに仕上がると思います。
 しかもなんと、音楽チームは『銀河旋律』初日にサントラCD発売を目指して突貫作業中っ!!
 ひょぇーーーーっ!!
 2週間で芝居を作っちゃう劇団員も凄いけど、2週間でCDを作っちゃう音楽チームも凄すぎっ!!
 
 たった3日間の公演に、こんなに力を入れるバカな僕たちですが、公演をやるなら徹底的に楽しみ、徹底的に楽しんでいただくために全力を尽くすのがキャラメルボックスです。
 
 空席状況のページ( http://www.caramelbox.com/stage/stardust-melody2011/seatinfo/ )を見ると、月曜日と火曜日はまだまだ大丈夫そうなので是非どうぞっ!!
 
 ■『銀河旋律』詳細とネット予約はこちら
 http://www.caramelbox.com/stage/stardust-melody2011/index.html
 


2011-06-22 11:19  nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

緊急公演第2弾『銀河旋律』、ついに今週末、3日間Only!! [『銀河旋律』2011]

 『銀河旋律』のGREENキャスト、BLUEキャスト、REDキャスト。ようやく、3つの稽古を観ました。
 もちろん、どれもまだ途中段階です。
 
 が。

 パラレルワールドを目の前で観ているような感覚。
 
 柿本がいて、はるかがいて、よしのがいて、他の登場人物たちがいて。
 みんな、基本的に同じストーリーに乗って動いていて。おそらくセットも照明も音響も音楽もいっしょのはず。
 しかし、それぞれが持っている気持ちが全部違って。
 そして出演している役者それぞれのバックボーンの違いによって、小道具とか小ネタが違っていて。

 一つの物語でも演者が変われば違う転がり方をして、しかし、最後は主人公二人×3は、ちゃんと一つの結末。なのに、その想いは三者三様。
 
 企画段階では、「トリプルキャスト」ってお祭り気分で面白そうだな、とは思っていたのですが、コレ、面白いどころじゃないですよ。とんでもないです。
 
 生で観られるパラレルワールド。この公演そのものがSFの世界、って感じ。
 
 こんな経験、26年やってきて初めて。
 もちろん、今までもダブルキャストや再演で、こういう経験はしたことがありますが、今回は2カ所、昼夜で稽古、3人の演出。
 3つの『銀河旋律』。
 同じ物なのに違う物が3つ。コレは本当に凄いです。
 で、しかも、出ているのが全部劇団員ですよ?!
 
 この作品の1989年初演の時、前の公演の後に若手が抜けてしまって、残った劇団員が9人。なので、9人でやるしかなかったから出演者9人で脚本を書いた、というのが、『銀河旋律』。それが今、22年を経て3組で上演。
 しかも、西川や岡田達也は今までとは違う役。「『銀河旋律』の顔」だった二人が、まさかの役!!
 これもまた、「劇団」だからこそ可能になったチャレンジであり、未来のキャラメルボックスへの挑戦状でもあったりすると思います。
 
 一本4000円なので、3チーム全部観たら12,000円。
 これは、さすがに「是非」とは申し上げられません。
 
 今回はさすがに前もって申し上げます。
 あまりにも公演期間が短いし唐突ですし東京だけという公演です。
 なので、3本セットで必ずDVD化します。
 
 ですが。
 来られる方で、可能な方は、可能な限りこの奇跡的なパラレルワールドを生でご堪能ください。
 
 こんなことは、後にも先にもきっと無い……と言いたいところなのですが、今回やっちゃって、できちゃったとなると、成井さんはなぁ……。やりかねませんけどね……。しかし、キャラメルボックス史上に残る一戦です。キャラメルボックス初期の危機をたくさん書いた僕の本「いいこと思いついたっ!」の続編「もっといいこと思いついたっ!!(仮称)」(←書くのかよっ!!)には、長々と記述されるであろう公演です。
 
 「無茶をやってできちゃった前例」があると、それ以上を目指そうとするという悪い癖がありますからね、この劇団(←ひとごとのように言うなっ!!)。
 
 「劇団経営」って、お客さん無しにはありえないことです。お客さんが喜んでお金を払って観てくださることを、僕らは提供し続けるしか無いんです。
 『銀河旋律』の動員率が70%を越えれば、夏を乗り越えられます。
 
 「初日を観た人の感想を聞いてから観るかどうか決めようかなぁ」と思っていたあなた。
 今回はたったの3日。油断していると終っちゃいますよっ!!
 いちかばちか、今のうちにどれか1ステージ、予約を入れた上でお待ちください!!
 
 ■『銀河旋律』公演詳細
 http://www.caramelbox.com/stage/stardust-melody2011/index.html


2011-06-27 10:23  nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

明日3日(日)、緊急公演第2弾『銀河旋律』の初日ですっ!!注意事項というかお知らせを。 [『銀河旋律』2011]

 さぁて、明日の日曜日、ついに緊急公演第2弾『銀河旋律』の初日ですっ!!
 http://www.caramelbox.com/stage/stardust-melody2011/index.html
 初日に向けて、もろもろ注意事項というかお知らせ事項をお届けいたします。
 
■まず第一に、今回の公演会場はいつものサンシャイン劇場ではなく、代々木駅徒歩5分、小田急線南新宿駅徒歩2分、新宿駅新南口から徒歩10分……の「山野ホール」( http://www.yamanohall.com/ )ですっ!!

■山野ホールは、山野美容専門学校が入る「M.YAMANO TOWER」(通称・MY TOWER)という地上27階のビルの地下3階にあります。2007年にできたばかりのこのビルは「最先端技法の免震装置を導入」しているそうです。安心してご来場ください。

学校のページ→→→ http://www.yamano-bc.jp/sinfo/sinfo-new.html
詳しくは→→→ http://www.taisin-net.com/library/casestudy/mensin/b0da0e000000ibre.html

■ホールの入り口に到着してから地下三階まで降りるのに意外に時間がかかります。また、開演前はお手洗いが大変混雑いたします。時間に余裕を持ってご来場ください。

■ホールのロビーには飲み物の自動販売機などはありません

■ロビーには、交替で別チームの出演者がグッズ販売やパンフレット配りなどを手伝いに出てきています。握手まではOKですが、サインと写真の撮影はご遠慮ください(時間の都合です)。また、長話もご遠慮ください。

■ホール後部の階段状の席は「ロールバックチェア」という可動式の席のため、人が歩いただけで揺れます。ご了承ください。

■客席の半分以上が平面のため、前の人の頭で見えづらい席がある可能性を考慮して、舞台両サイドのスクリーンにアップの映像を映写します。

■建物のすぐ横を小田急線が走っているため、上演中に電車の振動音がうっすらと聞える場合があります。

■ホールを含むこのビルの敷地内は禁煙です。近辺にも喫煙できる場所はほとんどありません。

■初日だけで4ステージありますが、全ステージにキャラメルボックス伝統の「初日特典」が付きます!!


2011-07-02 18:44  nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

緊急公演第2弾『銀河旋律』終りました。 [『銀河旋律』2011]

 キャラメルボックス緊急公演第2弾『銀河旋律』が終りました。

 まだバラシ中だったのですが、重いものを持てない人がいても邪魔なので帰ってきました。
 
 今公演はたったの3日間12ステージ+サポーターオンリーステージ、ということで上演。
 こんな短期間での公演なんて、ツアー先でしかありえないわけですが、旗揚げ当時はこんなもんだったわけですよね⋯⋯。
 短期間なので、いつものように初日が開けてから評判が広がってぐんぐん予約が伸び、ということは期待できないだろうなぁ、と思っていたのですが、なんとびっくり。当日券でも凄い数のお客さんがご来場くださり、先週の段階で予約率が45%だった今日の19:30の大千秋楽のステージも80%以上。トータルでも、やはり先週の時点で60%を越えたばかりだったのが、最終的にはおそらく動員率は80%を超える模様です。

 SNSでの広がりもありましたが、それを上回るようなTwitterでの伝播力には驚愕しました。
 今見たら、僕を「フォロー」してくださっている方が6700人を越えていました。前向きに「フォロワー」を増やす努力をしていないのに⋯⋯。そして、前向きに努力している仲村和生チーフプロデューサーは、なんと12,000人越え!!すぎょぃっ!!カズオのおしゃれで知性が感じられて友達が多そうなツイートと、僕のクドくてうるさいばかみたいなツイートでは正反対なのですが、Twitter用語で「拡散」のされ方が半端じゃないですもの。明らかに、「今までのキャラメルボックスのお客さん」じゃないタイプの方が、かなりの数当日券でいらっしゃってくださっていたように思います。ありがとうございました。
 あ、もちろん、僕の暑苦しいツイートに「しょーがねーなー」と乗ってきてくださったり、つき合ってくださったり、通ってくださった皆さまも多数⋯⋯。なんだか、いっしょに走っているような不思議な感覚にとらわれました。楽しかったですねっ!!
 
 で、芝居ですが。
 初日が開くまでは、このトリプルキャストがここまでそれぞれ三つとも違うものになり、役者が違うだけで同じ芝居がこんなにも違った感じ方になるものだとは思いもよりませんでした。違う芝居のようで、しかし同じ芝居で、しかもどれもキャラメルボックスの芝居。こんな不思議な体験は、26年間やってきて本当に初めてでした。そして、たまたま前半で3本続けて観たお客さんがそれを緊急で周りに伝えてくださったことも、二日目、三日目の急激なお客さんの伸びに繋がったのではないだろうか、と推測しております。
 本当にありがとうございました。
 
 大千秋楽のGREENキャストのカーテンコールでは、BLUE、REDのメンバーと裏方で付いていた新人たちも舞台上に並び、なんと32人が「ありがとうございましたっ!!」と叫び、物凄い音量っ!!そしてその31人が、客席を抜けて退場していく光景には、笑いながら涙を流しているお客さんも多数いらっしゃいました。……まぁ……僕も……。
 その光景は、当然映像にも、写真にも残してあります。
 なんらかのタイミングでお目に掛けたいと思います。
 
 というわけで、キャラメルボックスには「ブログ等に写真を掲載するときには本人の許可を取ってから」という約束があるのですが、この32人全員の許可を得られる機会はいつになるのかわからないので速報でアップっ!!
 
 「今日のカーテンコールで、32人揃った中で、僕のいた場所からだと、畑中が一歩前に出ていたためどうしても隣に居た渡邊安理が写らないので苦戦していたら『今日の三本締めは、小多田くんにお願いしますっ!!』と畑中が言った瞬間に身体を引いたので安理も写って32人になった瞬間の写真」をっ!!
 
904G9523.jpg

 ⋯⋯ちなみに、気づいていなかったのですが、オフィシャル・カメラマンの伊東和則さんはちゃんと客席一番後ろの照明室から全員が写っている全景を押えてくださっていたそうなので(←プロは読みが違う⋯⋯)、公式なところでのそっちの写真の公開をお楽しみにっ!!


 興奮冷めやらぬ今日でしたが、もう明日から『ナツヤスミ語辞典』の稽古開始。明後日から『降りそそぐ百万粒の雨さえも』の稽古開始。
 「バカみたいに芝居をやる夏」は、まだ始まったばかりですっ!!
  
 『銀河旋律』にご来場くださった皆さん、そしてこの公演を応援してくださった皆さん、このことは一生忘れません。
 ⋯⋯一生忘れられないことばかりが起きている2011年ですが⋯⋯!!
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
P.S.
 バラシ中に楽屋で、「いやー、26年劇団をやってきて、こんなにキツイ(←制作作業的に)公演は初めてでしたよー」とカメラマンの伊東さんにつぶやいたら、横にいたまだ若手の当社社員・票券担当(受付にずーっといたヤツ)・相澤が「そんな公演に関われて光栄です」と。
 それを聞いた伊東さん、「おっ、カッコイイっ!!」と。
 
 キャラメルの若手も伸びてますが、ネビュラの若手も伸びてますっ。


2011-07-06 00:30  nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『銀河旋律』2011 ブログトップ
メッセージを送る

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。