So-net無料ブログ作成
東北応援無料ツアー『賢治島探検記』 ブログトップ
前の10件 | -

『賢治島探検記』東北ツアー最終日は福島県いわき市に決定っ!! [東北応援無料ツアー『賢治島探検記』]

 10月の『賢治島探検記』東北無料ツアーは10月7日(金)から13日(木)の日程で行うわけですが、その最終日の公演会場が決定しましたっ!!
 
 10月13日(木) 福島県いわき市 小名浜市民会館
 http://www.city.iwaki.fukushima.jp/map/1315/002492.html
 
 開演時間は検討中ですが平日なので18時開演が有力です。
 
 他の会場も、決まり次第、とりあえずここで発表していき、半分くらいまとまったところで公式ページでご案内します。
 劇団四季みたいにちゃんと全容が見えてから発表できたらカッコよかったのですが、なにしろ組織の規模がライオンとネコくらい違いますので、全部決まるまでお知らせするのを待っていると誰にも伝わらないまま初日を迎えることになりそうで……。
 とりあえず1会場発表できてホッとしております。
 
 キャラメルボックス史上初の福島県での公演です。
 行きますからね、いわきの皆さんっ!!


2011-08-12 20:19  nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『賢治島探検記』東北ツアー、初日は花巻!!気仙沼も決定っ!! [東北応援無料ツアー『賢治島探検記』]

 10月7日(金)からの東北ツアー。最終日の13日(木)は福島県いわき市の「小名浜市民会館」での公演が決まったことはお知らせ済みですが、新たに2会場が決定いたしました。
 
 初日は、なんとっ!!宮沢賢治さんのふるさと・岩手県花巻市で幕を開けることに決まりましたっ!!
 会場は、旧花巻空港ターミナルビル「花巻市交流会館」
 http://kanko-hanamaki.blogspot.com/2011/04/blog-post_26.html
 開演時間は、平日ということもあり、これまた検討中ですが夕方以降になるかと思います。
 空港の近く、ということで、関東、関西の皆さんも、飛行機で花巻観光も兼ねていかがですかっ?!
 
 そして、10月9日(日)は、宮城県気仙沼市へっ!!
 気仙沼と南三陸町との間くらいにある本吉町の「気仙沼市はまなすの館」にある「はまなすホール」に決定。
 http://www.city.kesennuma.lg.jp/icity/browser?ActionCode=content&ContentID=1289350925741&SiteID=0
 これまた、開演時間は検討中ですが日曜日なので早めにしたいと思っています。
 
 あとは、岩手県と宮城県の沿岸で会場を交渉中です。
 詳細な情報も含めて、もうしばらくお待ちください。
 


2011-08-19 19:15  nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『賢治島探検記』東北ツアー壮行会 in シアターBRAVA!(大阪)について。 [東北応援無料ツアー『賢治島探検記』]

 東北無料ツアーに行く前に、キャラメルボックスは大阪で『賢治島探検記』を上演することになりました。
 この件は、8月上旬にウェブページ( http://www.caramelbox.com/stage/tohoku/index.html )に掲載したのですが、なんとこのブログにアップしていなかったことに今気がつきました……。
 あらためて、掲載させていただきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

『賢治島探検記』東北ツアー壮行会 in シアターBRAVA!

 関西の皆さんお待たせいたしました、キャラメルボックスの『賢治島探検記』が、初めて西に向かいます。

 この作品はそもそも、あの阪神淡路大震災の時に何もできなかった苦い思いから、坂口理恵が成井豊に提案して「被災地の路上でも上演できる作品」として作られたものです。今回の東日本大地震直後こそ出番だったはずなのですが、東京公演中だったキャラメルボックス自体が大損害を受けたため行くに行かれず。が、その後「緊急公演」としてこの『賢治島探検記』と『銀河旋律』を東京で上演し、たくさんのお客さまにご来場いただいた結果、なんとか乗り切ることができました。本当にありがとうございます。
 その結果、これまた皆さんのお力をお借りして東北に無料公演をしに行くことにいたしました。

 この大阪公演のチケット代は、全額、東北無料ツアーの資金にさせていただきます。もし公演予算を超えた場合は、義援金に充てさせていただきます。とにかく東北の皆さんのために、是非、一人でも多くの方をお誘い合わせの上ご来場くださいませ。

 今回の『賢治島探検記』は、「シアターBRAVA!の公演なのに自由席」ということからもお気づきいただけるかと思いますが、いつものキャラメルボックス本公演とは若干異なります。
 
 まず、東北ツアーのための最小限のスタッフ・装備で上演します。そして、シアターBRAVA!で上演するのですが、上演する内容は、被災地の公共ホールや体育館などで上演する演出のほぼそのままです。
 
 キャラメルボックスはそもそも「小劇場演劇」出身。「なんにもないからなんでもできる」という姿勢でやってきました。そんな小劇場時代のように、大がかりなことはなにもせず、役者たちの肉体と最小限のスタッフワークで、あえて上演させていただきます。

 基本は、宮沢賢治さんの『セロ弾きのゴーシュ』をもとにした『ゴーシュ弾かれのセロ』と、『銀河鉄道の夜』をもとにした『光速銀河鉄道の夜』。春に上演したときも、開演前は「実は宮沢賢治のお話は苦手……」と話していた方も、『賢治島探検記』を観終わった後は「読み直してみる!!」とおっしゃっていました。それほどこの作品は、歌あり、笑いあり、生演奏ありで、しかもいつものキャラメルボックスのテンポで展開する「エンターテインメント演劇」です。安心してご来場くださいっ!!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

■公演日程■
10月4日(火)19:00
10月5日(水)13:00/16:00/19:00

■会場■
イオン化粧品 シアターBRAVA! ( http://theaterbrava.com/ )
後援/MBS

■料金■
3,500円[整理番号付き自由席・税込] 
※いただいたチケット代は、全額東北ツアーの資金とさせていただきます。

■出演■
坂口理恵・大内厚雄・畑中智行・岡内美喜子・真柴あずき
温井摩耶・原田樹里・市川草太・鈴木秀明

■前売開始■
9月3日(土)10:00


2011-08-21 15:50  nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『賢治島探検記』東北無料ツアー、仙台と塩竃、決定っ!! [東北応援無料ツアー『賢治島探検記』]

 10月に行う『賢治島探検記』東北無料ツアーの会場が、仙台と塩竃の二カ所が決まりました。

10日(月) 宮城県仙台市 尚絅学院高等学校 礼拝堂
http://sh.shokei.jp/outline/access.html

11日(火) 宮城県塩竃市 遊ホール
http://www.city.shiogama.miyagi.jp/guide/svGuideDtl.aspx?servno=104

 これで、あとは決まっていないのが8日(土)と12日(水)ですが、近々決定が出るかと思います。
 全ての日程が決まり次第、開演時間なども含めて公式にウェブサイトに発表させていただきます。

現時点での決定している公演場所
10月
7日(金) 花巻市交流会館
8日(土) 岩手県内
9日(日) 気仙沼市 はまなすホール
10日(祝) 仙台市 尚絅学院高等学校 礼拝堂
11日(火) 塩竃市 遊ホール
12日(水) 宮城県内
13日(木) 福島県いわき市 小名浜市民会館


2011-08-26 18:09  nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『賢治島探検記』東北無料ツアー、岩手県の田野畑村、決定っ!! [東北応援無料ツアー『賢治島探検記』]

 10月に行う『賢治島探検記』東北無料ツアーの会場の、10月8日(土)の会場が決まりました。
 
 岩手県下閉伊郡田野畑村 アズビィホール(地図→→→ http://p.tl/g4Ga )
 ■田野畑村ホームページ http://www.vill.tanohata.iwate.jp/
 
 久慈と宮古の真ん中くらいの所にある村です。
 津波で壊滅的な被害を受けた三陸鉄道北リアス線の田野畑駅は、「カンパネルラ田野畑」というニックネームが付けられています。
 
 「避難所になっていたホールで賢治作品を是非」というご連絡をいただき、実現することになりました。
 
 これで、あと一カ所の決定を待つのみとなりました。


2011-08-26 20:10  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『賢治島探検記』10月7日(金)15時の花巻公演で、ZABADAKの吉良さんのミニライブがっ!! [東北応援無料ツアー『賢治島探検記』]

kira.jpg

 『賢治島探検記』東北応援無料ツアー『賢治島探検記』の初日、10月7日(金)15時の回に、なんとZABADAKの吉良知彦さんがゲストで登場することが決定しましたっ!!

 お芝居の前後に、吉良さんに生で歌っていただきますっ!!

 翌日、盛岡の「すぺいん倶楽部」でのライブ( http://www.zabadak.net/information/149.html )があるので、前乗りして花巻に寄ってくださるとのこと。

 もちろん、吉良さんが参加しても無料ですっ!!
 花巻近辺の皆さん、いや、日本全国の皆さん、是非是非、平日の昼間で申し訳ないのですが、花巻空港の旧ターミナルビル「花巻市交流会館」へっ!!
 通常のキャラメルボックス公演ではあり得ないほどの距離感で歌とお芝居を楽しんでいただけますっ!!
 
 ■東北公演の事前エントリー(人数確認のための予約)はこちらからっ!!
 http://www.caramelbox.com/stage/tohoku/tour/


2011-09-29 17:09  nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『賢治島探検記』通し稽古が終りましたっ!!東北ツアー現状報告などっ!! [東北応援無料ツアー『賢治島探検記』]

 『賢治島探検記』東北バージョン、3回の通し稽古が終りました。
 若手中心の公演『飛ぶ教室』が同時並行で動いていることもあって、逆に主力クラスがずらりと顔を揃えた『賢治島探検記』
 
 演出は、『飛ぶ教室』に成井豊と有坂美紀がかかっているため、『賢治島探検記』では真柴が役者にまわることもあって、大内厚雄が。ダンスパフォーマンス『Blue』を作ってきた大内だけに、春に上演した『賢治島探検記』よりムーブメント(動き中心のシーン)に力が入っているという印象です。
 東北公演では広い世代の方々がご来場くださるだろう、ということを意識して、「見て楽しい」シーンを増やしております。
 
 どっちにしても、『降りそそぐ百万粒の雨さえも』が終った翌々日から稽古開始。坂口と真柴は自分たちのユニット「ARMs」の公演があって稽古参加が遅れたりもしたのですが、それにしたって、よくぞここまで来たなぁ、という感じです。
 
 宮沢賢治の難解な言葉も、坂口理恵や大内厚雄の口から紡ぎ出されると、すんなりと、理解できる、というよりも「心に届いてくる」感じ。
 文字だけで読んでいると何がなんだかわからなかったゴーシュが置かれた状況も、「セロや動物たちを、かぶりものをしていない生身の人間がやる」とうアイディアが加わっただけで抱腹絶倒のシーンになってしまうし。
 本当に、演劇って豊かな表現なんだなぁ、と実感します。
 
 上演するのは、『セロ弾きのゴーシュ』をキャラメルボックス風にアレンジした『ゴーシュ弾かれのセロ』と、『銀河鉄道の夜』をもとにした『光速銀河鉄道の夜』上演時間は80分弱で、僕と畑中の前説を入れるとちょうど80分ちょいになるかと思います。
 
 音楽も、たった80分の芝居とは思えない充実度です。清水一雄さんの澄んだ音の書き下ろし曲たち。『ケンジ先生』という別な芝居用にZABADAKの吉良さんが書き下ろしてくれた「風の又三郎」をモチーフにした歌『風の転校生』。宮沢賢治作曲の『星めぐりのうた』のハンドベル演奏。そして『光速銀河鉄道の夜』のエンディング、鈴木雄大さんの優しい歌『さよならカムパネルラ』。
 
 ※『賢治島探検記』サウンドトラックは、iTunes Music Storeなどでダウンロード購入していただけます。
 http://itunes.apple.com/jp/album/id443120004

 
 東北ツアーの会場7カ所は、全て初めての場所。最低限の予算で行うので、「下見」も無し。現地に行ってからどうやるかを考える、という毎日になるかと思います。おそらく、「シアターエクスプレス」以来の「行き当たりばったりでスゴイことをする」ことに挑戦します。学生劇団出身で26年目の劇団ならではの威力を発揮してみたいと思いますっ。
 
 宣伝も、広告予算などはゼロですから、いろんな方のご協力で成り立っております。
 
 まず、ツアー全体でお配りするパンフレットは、ゼロックスさんが無償で印刷を担当してくださり、それの裁断などはいつも公式ハンドブックの印刷などでお世話になっているジーアンドエスさんが。

 そして、いつもなら公演のレポートなどは僕がブログにアップするのですが、その僕が完全にスタッフとして参加するので、写真を撮って今ツアーの資金を提供してくださった皆さんにレポートする余裕も無い可能性がある、ということで、なんと、元を正せば「情報誌」をやっていた「ぴあ」さんが、ライターさんをツアーに帯同させてくださることが決定っ!!おそらく、全ステージ、なんらかの方法でレポートしてくださるはずですっ!!……これは逆に僕が楽しみです……!!
 
 また、それぞれの現地では。
 
 賢治さんのふるさと・花巻では、まず花巻観光協会の皆さんが共催という立場で宣伝を担当してくださり、現地のイベントでチラシを配ってくださるなど、活動してくださっています。
 また、「えふえむ花巻」の方がなんと早稲田の後輩で、僕らと同時期に違う学生劇団をやっていた人だということがわかって、放送で支援してくださることになり。あっ、6日(木)の18時からの番組に、僕と誰かが生出演予定ですっ!!
 
 あと、IBC岩手放送のラジオに、5日朝9時半から電話で生出演します。コレは、盛岡在住の僕の父(元・盛岡大学学長 加藤章)が「盛岡南ロータリークラブ」経由で話を繋いでくれたことが元だったりします。
 
 盛岡と言えば、読売新聞北上支局にキャラメルボックスを以前からご覧くださっていた方がいらっしゃって、すでに岩手版の読売新聞に記事を掲載してくださっていますっ!!
 ※賢治題材演劇で被災者励まし : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/iwate/news/20110929-OYT8T01496.htm?from=tw 
  
 そして、岩手県田野畑村では、「広報たのはた おしらせ版」( http://www.vill.tanohata.iwate.jp/userfile/11-09-15.pdf )で呼びかけてくださったおかげか、村で受け付けている入場整理券がすでに100枚以上出ている、とのこと!!宮沢賢治さんを愛する村の方々にご覧いただけることは光栄ですねぇっ!!

 仙台といわきの公演も、ものすごいスピードでご予約をいただいております。

 ※ネット新聞「仙台経済新聞」にも、記事が。
  http://sendai.keizai.biz/headline/1013/

 がっ!!
 現時点で、気仙沼のはまなすホール公演と塩釜市遊ホール公演、そして南三陸町ホテル観洋公演が、まだまだ、という状況です。是非、近所の皆さん、お声を掛け合って下記ページから『事前申し込み』をお願いいたしますっ!!
 
 ■東北応援無料ツアー『賢治島探検記』
 http://www.caramelbox.com/stage/tohoku/tour/
 
 それに先駆けての大阪公演(チケット代を全て東北ツアーの資金にさせていただき、オーバー分は義援金にさせていただきます)も、以前お伝えした通り、ごっそりどっさり残っておりますっ!!
 「自由席なら当日でいいや」という声を多く聞きますが、僕の胃の調子のためにも是非早めにご予約をお願いいたします……。
 今のところ、5日(水)の16時が、アットホームすぎて大変なことになりそうな感じですっ!!
 
 ■西の力でキャラメルボックスを東北に送り出してっ!!
  東北ツアー壮行会 『賢治島探検記』東北バージョン in BRAVA!
 http://www.caramelbox.com/stage/tohoku/index.html
 
 会場となる「イオン化粧品 シアターBRAVA!」は、大阪城公園駅から徒歩5分。
 一番近いのは、大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線の「大阪ビジネスパーク」駅。1番出口から出ると目の前です。
 JR環状線、東西線、京阪電鉄の「京橋」からだと徒歩10分くらいです。
 http://theaterbrava.com/
 
 いろんなところでいろんな方々とお会いするのが本当に楽しみですっ!!

IMG_5677.jpg
このメンバーで、
大阪、花巻、田野畑、気仙沼、仙台、塩竃、南三陸、いわき市小名浜に、
突撃しますっ!!

数々のキャラメルボックス公演で主演してきた6人と、若手3人。
待っててくださいっ!!


2011-10-02 01:03  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

東北ツアーの狭い会場向け仕込み&本番&バラシ、の練習しました。 [東北応援無料ツアー『賢治島探検記』]

 「社運を賭けて」という言葉がありますが、それは「次なる成功のために危険も勘定に入れながら一か八かに近い状況で行う」という意味かと思います。
 
 しかし、今回の東北応援無料ツアー『賢治島探検記』は、「社運(劇団運?!)を賭け」るものではなく、キャラメルボックスが今まで上演してきた「人が人を思う気持ち」の「爆発」だと思っています。
 
 2004年の中越地震の時、「行くんですか?」と聞かれました。
 しかし僕は、「行きません」と答えました。
 なぜ行かないのか、を問われました。
 「僕らが行かなくても、被災地の人たちを支援できる人たちはたくさんいらっしゃるので」と答えました。
 
 が、今回。

 1995年の阪神淡路大震災の後に、さんざんお世話になってきた神戸の人たちがひどい目に遭っているという状況で、生身でお客さんに楽しんでいただくことが仕事な僕たちが、なんと「ビデオ上映会」しかできなかったということを恥じて、「次に何かあった時のために身一つで行ける芝居を作っておこう」と、何も災害があったわけでもない時に上演したのが『賢治島探検記』でした。宮沢賢治さんのお話なら、日本に住んでいる人なら何か一つは知ってるだろう、ということと、『銀河鉄道の夜』に込められた鎮魂の想い、というものが、きっと被災された方に届くだろう、ということもありました。
 
 と、そんな思いで「用意」していた作品を生み出してくださった宮沢賢治さんの大切にしていたイーハトーブ・岩手を中心とした東北を、「1000年に一度」の地震と津波が襲ってしまいました。
 
 3月11日の夜、大混乱の東京を抜けて府中の自宅に戻った後、たくさんの被害を報ずるテレビに釘付けになりながら、僕は「やるんだ、やるしかない、『賢治島探検記』は今が「出番」だ、今、これをやらないでいつやるんだ、賢治さんに、東北の人たちに、一瞬でもいいから笑顔を届けなければ、26年間演劇を、いや、キャラメルボックスをやってきた意味が無くなってしまうのではないか」と、自分に問いかけていました。
 同時に、翌日からのキャラメルボックスに訪れる特大の危機に関しての戦いをシミュレーションすることもやっておりましたが。
 
 その日からこの東北応援無料ツアー『賢治島探検記』が決定するまでの過程は、当然生半可なものではありませんでした。
 公演中止やキャンセルで自分たちの劇団が潰れかかっているのに東北支援なんてことを考えるなんて経営者として失格では無いか、とも自分に問いかけました。
 しかし、これは、お金の問題じゃなくて、人間として、「人が人を思う気持ち」を届けたいと言い続けてきた劇団として、宮沢賢治さんの作品に多大な影響を受け、お世話になってきた劇団として、絶対にやらなければならないことだ、やらないくらいなら解散した方がいい、とまで思い詰めて、いろんな意見を持つ人たちを説得し続けました。
 
 その結果、たくさんのお客さん、たくさんの関係会社のみなさん、そして劇団員・社員の協力で、今回のツアーが実現間近にまでようやく辿り着きました。
 
 
 今、ここにタイムマシンがあったなら、3月11日の僕のところに行って「大丈夫、少なくとも東北ツアーの最後の稽古は終ったよ」と伝えてあげたいです。
 
 しかし、今回のツアーで行ったことがあるのは大阪のシアターBRAVA!だけ。
 あとの会場は、ネットやメールからの情報のみ。
 行ってみて考える、ということが多々出てくると思います。が、僕らはあくまでも「小劇場演劇」出身です。
 「なにもないからなんでもできる」というのが、僕たち小劇場演劇出身者の心の誇りです。
 
 今日は、花巻と南三陸の狭い会場向けの仕込みとテクニカルなリハーサルを行いました。最小限の装備で、最大限の効果を、という準備です。節電用に、と購入したLEDの舞台照明(通常機材だと1kWの光量を、100Wで出せる上に、1台で光三原色と「白」を出せてそれをコンピューターで制御できるのです)を使って、ホール用の電源ではなく、家庭用のコンセントでできる準備をしたのです。
 「コンパクト・キャラメルボックス」。
 これが体得できたら、「日本全国365カ所ツアー」だって可能です(←こらこらっ!!)。
 
 僕たちは、「芸術を見せる」のではなく、「来てくださったお客さんに楽しんでいただく」ことが最優先な劇団です。
 なので、「一人芝居」とか「二人だけのじっくりとした芝居」とかには今のところ向いていません(いつか、「西川浩幸一人芝居、全ステージ違うことします」はやりたいのですが……)。でも、今回の『賢治島探検記』のような「チーム演劇」ならばできるな、と思いだしています。
 
 
 花巻の後、公演地への移動は全てバスと2トントラック。最長で「5時間」というのもあります。が、しかし、今ツアーの座長は、キャラメルボックス入団前は全国の小中学校をワゴン車で回る劇団にいた坂口理恵。「今までのキャラメルボックスが恵まれすぎてたんですよ。バスに乗れるだけいいんじゃないですか?」と、いたって平常心。
 
 一見、過酷に見えるスケジュールですが、楽しみまくって帰ってくることができるように「余計な部分」を僕は今考えています。なんたって、ただ行って芝居をしてくるだけではなく、東北で「消費」して来ることも重要な任務ですので。あ、ちなみに僕らをずっと運んでくださるのは、岩手県のバス会社の方です。よろしくお願いいたしますっ!!
 
 で、もしかすると、外の人たちからは「不謹慎」と思われることもしてくるかもしれません。でも、東北でお金を使ってくることは重要です。どこでどのように遊んでくるかは、行ってみてのお楽しみです。できるだけご報告します。あ、少なくとも、盛岡在住の僕の父主催による「わんこそば大会」は決定しておりますっ!!『賢治島探検記』メンバーの一位は誰だっ?!新人二人と原田樹里の闘いかっ?!それとも安定した大食い・坂口理恵かっ?!……乞うご期待っ!!
 
 で、とりあえず、関西の皆さん、4日(火)と5日(水)のシアターBRAVA!公演に当日でもいいので来てください。
 http://www.caramelbox.com/stage/tohoku/index.html
 
 東北のみなさんは、電話でもネットでもいいのでとりあえず「事前申し込み」をしてください。
 特に10/12(水)の南三陸町・ホテル観洋での公演は、100人以下なら狭い会場、それを越えたら広い会場の可能性も有り、と流動的です。できるだけ早く「参加申込み」をお願いいたします。
 http://www.caramelbox.com/stage/tohoku/tour/
 
 3月以降に『賢治島探検記』『ケンジ先生』『ブリザード・ミュージック』のDVDを購入してくださったお客さま、そして4日と5日のシアターBRAVA!公演にご来場くださったお客さまの気持ちをどっさり受け止めて、僕たちは東北に行きます。
 
 これは、「劇団とそのお客さん出資によるボランティア活動」という、おそらくいまだかつてない、キャラメルボックスにしかできない支援だと思います。
 
 なので、当然僕も帯同して前説で「責任者出てこい、と言われる前に出てる」状況を作っていきたいと思います。
 
 では、まずは、10月4日(火)19:00(ほぼ明日)に、大阪城ホール向かいのシアターBRAVA!でお会いしましょうっ!!


2011-10-03 01:23  nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

10月4日、新人・鈴木秀明、初舞台。 [東北応援無料ツアー『賢治島探検記』]

 昨日10月4日、今年の春に入団した新人・鈴木秀明が初舞台を踏みました。
 関東国際高校(演劇科)出身、1991年3月3日生まれの20歳。
 いつもだと初舞台の時は終演後に集合写真を撮るのですけど、今回は終演後のロビーも人手不足で……。ごめんな、鈴木。

A53J7638.jpg
 ってことで、同期入団で6月の『賢治島探検記』で初舞台を先に踏んでいる市川草太(1987年11月17日生まれ)とのツーショット(左が鈴木)。
 
 いつもだと、新人のデビューっていきなり中劇場で大変な役なのですが、今回のような出演の仕方だとものすごく勉強になると思いますねぇ。コツコツと小さいところを攻めていって、しかし大先輩たちと呼吸を合わせなければならないところもいっぱいあって。
 キャラメルボックスの場合は、裏方の仕事もみんなでやるので、春から裏方をやってきた経験もあってかみんなに可愛がられております。
 
 東北にもいっしょに行きますので、見かけたらつんつんしてあげてください(←わけわからんわ)。
 


2011-10-05 17:03  nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『賢治島探検記』大阪終了っ!!ありがとうございましたっ!!そして、花巻へ!! [東北応援無料ツアー『賢治島探検記』]

 『賢治島探検記』大阪公演が終わりました。
 最終回のカーテンコールの、大内厚雄の最後の挨拶が、いつもなら「本日はどうもありがとうございました」のはずが、今日は「いってきまーす!!」。おそらく、その場で口をついて出た言葉だったのだと思いますが、客席からも「いってらっしゃーいっ!!」の声が。そして、いつもの千秋楽ではありえないほどの、頭の上での拍手。
 
 終演後、ロビーで販売していた、売上げの全てを東北行き資金にする、というDVDのうち、『賢治島探検記2006』が完売。
 「これからバラシをして、それを積んだトラックは今晩これからすぐに花巻に向かいます」という一言が効いてしまい、これまた皆さん、早め早めで退場してくださったり。
 
 随所随所に、大阪のお客さんたちの「思い」が溢れた2日間でした。
 ありがとうございましたっ!!
 
 さぁ、花巻。
 明後日の15時開演です。
 ZABADAKの吉良さんも来てくれます。
 地元以外の皆さんも、「観光」がてらいらっしゃいませんか?
 会場は、花巻空港の西側にある「旧ターミナルビル」ですのでっ!!
 
 ■キャラメルボックス東北応援無料ツアー『賢治島探検記』
 http://www.caramelbox.com/stage/tohoku/tour/

A53J7645.jpg
昨日初日のカーテンコールの模様です。


2011-10-05 21:10  nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

前の10件 | - 東北応援無料ツアー『賢治島探検記』 ブログトップ
メッセージを送る

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。