So-net無料ブログ作成
大切なこと。 ブログトップ

福岡、大丈夫ですか。 [大切なこと。]

また震度5強、だそうですが、テレビではほとんど何も伝えてくれません。
本当はどうなっているのですか?
どんなことでも、おしえてください。


2005-04-20 08:10  nice!(0)  コメント(15)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

綺麗なものもひろがります。 [大切なこと。]

種をまいたわけではないのに、庭にスミレの花が咲きました。
なにもそんなところに、という、他の木の根本に咲きました。
夏になると木が生い茂って日陰になってしまうので、草花がほとんど育たないとあきらめていた庭なのですが、ちゃんとどこからか飛んできた種が、木々の葉が生い茂る前の短い期間を狙ったかのように花を咲かせてくれました。
シダとかクマザサとか、日陰でも育つ植物が生えるたびに毎年根気よく抜いてきたので、そのせいもあるのかもしれません。
人にとって「悪なもの」は、増えるのも早いですし、なかなか減らないものです。
でも、「美しいもの」たちも、ちゃんと増える努力もしています。
ひとりひとりが、美しいものを美しいと思える気持ちを持ち続けながら、あきらめないで雑草を抜き続けることしか、素敵な庭は保ち続けることはできないのですね。


2005-05-02 19:15  nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

尼崎列車「事件」 [大切なこと。]

4月25日
朝からニュースで見守っているのですが、サポーターの皆さんはみんな無事でしょうか。
まだ原因はわかっていないようですが、被害に遭われた皆さんのご無事を願います。
そして、亡くなられた皆さんのご冥福をお祈りいたします。

--------------------------------
4月26日追記
とてもお世話になった方が、この事件で殺されました。

--------------------------------
4月29日追記
忘れられたくないので、このページを更新しておきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5月1日追記
ゾッとするニュースです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050501-00000001-yom-soci&kz=soci
あの事故があった直後、対向の特急電車は事故を察知した連絡ではなく、偶然の信号故障で停車して100m手前で停車していたそうです。つまり、事故の連絡は他の車両には瞬時には届いていなかった、ということ。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5月4日追記
怒る気力も失せるようなニュースです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050503-00000012-yom-soci
あの事故車両の後ろの方に、JR西日本の運転手も乗っていたのだそうです。でも、ケガはなく、そのまま歩いて会社に出勤したのだそうです。自分の会社の列車が脱線して、たくさんのけが人が目の前にいるのに、です。
「人間」である前に、「社員」なんですね。
--------------------------------
5月5日追記
知ってて呑んでたんだ……。
ちょっと大人なコメントを書いた後ですが、いやはや、もう、ダメですね、この会社の体質は。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050505-00000916-jij-soci
--------------------------------
5月6日追記
情報が全く社内で伝わっていなかった……。
すぐそこの「電車区」の区長が、あの大事故を確認しに行ったのが30分後?!
各駅でのアナウンスも、2時間後まで「踏切事故」と伝えていた?!
……一体何がどうなっているんでしょうね。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20050506i107.htm
--------------------------------
5月7日追記
自分たちで公表しているだけですから、もっとあるんでしょうね。三菱の時みたいに。
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20050507k0000m070157000c.html
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20050507k0000m040130000c.html
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20050507k0000m070152000c.html
--------------------------------
5月25日追記
もっと徹底的に調べて欲しいですね。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20050524it13.htm


2005-05-07 12:39  nice!(1)  コメント(47)  トラックバック(10) 
共通テーマ:日記・雑感

宮城県沖地震 [大切なこと。]

地震の瞬間にはまだ自宅にいました。
発表では、東京は震度3が中心、とのことですが、体感的には4でした。
大きな揺れが続いて、船に乗っているような感じ。
会社では、ちょうど地下の稽古場でCaramelBoxTVの公開録画の前説の真っ最中。天井から吊してあるスピーカーが揺れたそうですが、特に問題なくそのまま開演したとのことでした。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
劇場に行ってみると、支配人から特に何も被害はなかったようだ、との報告が。
その後、舞台スタッフも早めに劇場入りしてチェックしてくれましたが、照明機材などにも特に問題はありませんでした。
先日の震度4の時には、某劇団の公演のスポットライトがほとんど動いていたとのこと。
このあたりに地震エネルギーの差があるようですね。
ちなみに、サンシャイン劇場のスタッフの皆さんは「ほとんど気が付かなかった」とのこと……。
ぼ・僕の家、そんなに揺れるの?!
宮城県では次々と被害の報告が上がってきているようですが、皆さんの近くではどうだったでしょうか。
今日は19:00開演だったので東北地方からのお客様が遅れたりする可能性も心配したのですが、遅刻の報告なども僕のところには届いておりませんので、今日はたまたま東北方面のお客様が少なかったのかもしれません。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
プロデューサーのナカムラくんは、先日東急ハンズで本棚が倒れるのを防止する道具を購入していたので、早速役に立ったな、と思ったら、なんと忙しくて設置していなかったので必死で手で押さえた、とのことでした……。
皆さんは、防災への備えは、思い立ったときにすぐやっておきましょうね!!


2005-08-16 19:54  nice!(0)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

12回目の1月17日がやってきました。 [大切なこと。]

 また1月17日がやってきました。
 
 この1年、新神戸オリエンタル劇場の経営が変わったり、スタッフが変わったり、といろんなことがあって、しょっちゅう神戸に行っていたにもかかわらず、やはり、結局レインボーハウスには行くことができませんでした。

■レインボーハウスとは
http://www.ashinaga.org/house_krh.htm
 
 震災後、最初の数年は公演出演者全員のサイン入り色紙を毎ステージ数十枚書いてご来場の方々にご購入いただいて、その後は継続的に、しかもより多くの方の気持ちを受け止め、しかも収入を得て送るべきだ、と考えて公演ごとに専用のポストカードを制作して販売し、ずっと震災遺児の皆さんのための癒しの施設「レインボーハウス」への寄付を続けてきました。
 これは、誤解していただいてはいけないのですが、「キャラメルボックスからの寄付」ではなくて、「キャラメルボックスのお客さんたちからの寄付」でありますので、毎年きちんとレインボーハウスを運営しているあしなが育英会さんに送金をしております。
 そして実を言うと、震災遺児の皆さんを毎回キャラメルボックスの神戸公演にご招待していたりもします。
 
 しかし。
 いまだ、僕の神戸滞在は公演を行うためだけにしか使われていなくて、神戸の地元の皆さんとの密なお付き合いにまで発展していないのが実情です。
 
 神戸アートビレッジセンターでの製作講座などもやってきましたが、あくまでも地元劇団とのお付き合いに過ぎず、1990年からずっと神戸公演を行っているにもかかわらずまだまだ「神戸の人たちとなんでも話せる仲」にはなっていず、「よそ者」の領域からちっとも出ていないことを苦に思ってきました。
 
 つまり何が言いたいのかというと、結局、劇団はまだしも、僕という人間はいまだに震災で大きな被害を受けた方々に何もできていない、ということ。劇団や、劇団のお客さんたちはいっぱいいっぱい神戸にいろんなことをできているというのに、こんなに神戸が好きで神戸でもっともっと仕事をしたい、と思っている僕が何もできていない、ということがもどかしいのです。
 
 その、最たるものが、まだ一度もレインボーハウスにお伺いして意地の皆さんと直接お話したことがない、ということ。
 本当の痛みを、まだ自分の身体で受け止めていない、ということ。
 
 しかも。
 あの震災がきっかけで企画が持ち上がった「いつでもどこでも上演できるキャラメルボックスの芝居」は、ようやっと2002年に『賢治島探検記』としてスタートしたわけですが、まだ2回しか、しかも劇場の中でしかやれていませんし、神戸の経済の復興に少しでもお役に立てれば、と、いろんな神戸限定商品を用意してみてもたいした成果は上げていませんし、神戸の地元劇団を盛り上げて演劇で元気にしていきたい、という思いもまだまだ赤鬼とピープルパープルがちょっと出てきた、ってくらいでしかありませんし、「僕の仕事」として、遺児の皆さんに「僕はここまでやれました、だからあなたたちも絶対やれます」と言えるところまでの仕事をできていないのです。
 
 加藤昌史にしてはえらく弱気なことを言っている、と思われるかもしれませんが、彼らのことを思わなかった日はないだけに、僕はもっともっとがんばらねばならない、と思うのです。
 
 ただ、経営が変わった新神戸オリエンタル劇場ですが、なんと僕の「地元の劇団をもっともっと盛り上げましょう」という呼びかけに応えてくださって、昨年は初めての「北野演劇祭」を開催してくださいました。そして、その最優秀作品賞劇団には1月17日の新神戸オリエンタル劇場を無料で貸しましょう、ということまでしてくださいました。
 今日17日、その優勝劇団・隕石少年トースター(http://www.inseki.jp/)の『パペット・オン・ザ・パニック』が上演されます。ご近所の方は、是非足を運んでください。
 
 で、こういう、小さな一歩が大切なことはわかってはいるのですが、まだまだ小さいのです。小さすぎるのです。
 
 思っているだけでは何も通じない、ということがよくわかった12年でした。これからは、もっともっときちんと、一つ一つ形にする。そんなふうに、神戸の皆さんとお付き合いしていきたい、と思います。
 
 これを読んでくださっている神戸の皆さんで、何か僕にさせたいことがある方は、遠慮無くどしどしkatoh@caramelbox.comにメールを送ってください。
 または、mixiやGREEをやっていらっしゃる方は遠慮無くメッセージを送ってください。僕は本名でやっておりますので、すぐ見つかると思います。
 
 今、午前3時です。もうすぐ、あの時間がやってきます。
 今日一日、神戸には行けませんが、ずっと神戸のことを考えて過ごそうと思います。


2007-01-17 03:19  nice!(1)  コメント(7)  トラックバック(1) 
共通テーマ:演劇

大切なこと。 ブログトップ
メッセージを送る

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。